ニュース


【悲報】オミクロン株『BA.5』、ワクチンが効かないっぽい.....


 新型コロナウイルスの感染の再拡大を受け、7月11日、政府分科会の尾身茂会長は岸田総理と会談後、「新たな感染の波が来たことは間違いない」と第7波に入ったという認識を示した。 現在、主流となっているのはオミクロン株のうち感染力が最も強いとされる「BA.5」。尾身会長は「現時点で強い行動制限は必要ない」と述べたが、これまで通り基本対策の徹底を訴えている。サイエンスライターが言う。「感染力は強いものの重症化率は低く、心配はないとも言えそうですが、そもそもBA.5はワクチンが効きづらい変異株。今のワクチンウイルス粒子が保有するスパイクタンパク質に対する抗体が十分ではないため、あまり効果が期待できないんです。厚労省の専門家会合でも、ファイザーワクチンの『BA.5』に対する発症予防効果は、2回目接種の6カ月後で11.4%、3回目接種の2週後で48.5%で、効果については『限定的と考えられる』としています」 また専門家会合の見解によれば、「BA.5」は感染者の増加速度はこれまでの1.3倍。8月1週目には現在主流の「BA.2」から「BA.5」にほぼ置き換わり、東京都7月27日時点で感染者数が5万人を上回るという予測値を出している。「アメリカ食品医薬品局(FDA)は、この秋から接種予定のワクチンについて『改良型』が必要であるとの緊急声明を出し、『BA.4』 『BA.5』に対応するブースター接種用ワクチンを取り入れるための準備を進めている。これらの改良型が日本で安定して供給できるようになるのは、おそらく年末あたりでしょう。岸田文雄首相は14日の記者会見で『新たな行動制限は現時点では考えていない』としていますが、実際に爆発的な感染が襲った場合は対応の遅れが指摘される可能性があります」(前出・サイエンスライター)「BA.5」は、今年1月にはアフリカイギリスで検出されていた。いったいいつまで、いたちごっこのような状況が続くのか。(蓮見茂)
アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

【【悲報】オミクロン株『BA.5』、ワクチンが効かないっぽい.....】の続きを読む


バンダイナムコホールディングス、7月3日に国外のグループ会社が不正アクセスを受けたことを発表。被害対象には日本を除くアジア地域の顧客情報がふくまれていた可能性あり | ニコニコニュース


 バンダイナムコホールディングス7月3日(日)に、国外のグループ会社において第三者による不正アクセスを受けたことを発表した。本件に関しては以前から一部の海外メディアなどで報じられていたが、今回正式に公表された形となる。
バンダイナムコホールディングスが不正アクセス被害を公表1
(画像はバンダイナムコホールディングス公式サイトより)
 バンダイナムコホールディングスのプレスリリースPDF)によれば、7月3日(日)に日本を除くアジア地域の複数のグループ会社の社内システム不正アクセスを受けたとのこと。不正アクセスの確認後には、被害の拡大を防ぐためサーバーへのアクセス遮断などの対応を行ったとしている。 また、サーバーおよびパソコンの中には日本を除くアジア地域のトイホビー事業に関わる顧客情報などがふくまれていた可能性があるようだ。バンダイナムコホールディングスでは現在、漏洩の有無や範囲の特定、原因究明調査にあたっている。 今後は原因究明に向けて調査を進めるとともに、調査結果については適宜公表する予定とのこと。外部機関とも連携してグループ全体でセキュリティの強化を行い、再発防止に取り組んでいく姿勢を示している。 本件の詳細については、以下のリリースも参照されたい。バンダイナムコホールディングス「日本を除くアジア地域における当社グループ会社への不正アクセスについて」プレスリリース(PDF)はこちら
プレスリリースの全文は以下のとおり。

日本を除くアジア地域における当社グループ会社への不正アクセスについて

 当社では、2022 年 7 月 3 日に日本を除くアジア地域の複数のグループ会社の社内システムが第三者による不正アクセスを受けたことを確認しました。不正アクセスの確認後、被害の拡大を防ぐために、サーバーへのアクセスの遮断などの対応を行っております。また、サーバー及びパソコンの中には、日本を除くアジア地域のトイホビー事業に関わる顧客情報などが含まれていた可能性があり、漏洩の有無や範囲の特定、原因究明調査を行っています。  今後も原因究明に努めるとともに、調査結果につきましては適宜公表する予定です。また、外部機関とも連携しグループ全体でセキュリティの強化を行い、再発防止のための施策に取り組んでまいります。 関係する皆様には、多大なご心配とご迷惑をおかけすることを深くお詫びいたします。
バンダイナムコホールディングス「日本を除くアジア地域における当社グループ会社への不正アクセスについて」プレスリリースはこちら


(出典 news.nicovideo.jp)

【【悲報】バンナム、不正アクセスを受けていた事を発表。】の続きを読む




(出典 wachilog.com)



1 Stargazer ★ :2022/07/09(土) 12:15:31.27
とれいんふぉ ALERT @Trainfo_ALERT
🚨 緊急安全確認 🚨

錦糸町~新小岩で車内でノコギリを持って暴れている人がいるとの情報あり

以下の路線でダイヤ乱れの可能性

総武線(快速)
中央・総武線(各停)
横須賀線
など

*当該は総武快速線

(出典 pbs.twimg.com)

http://twitter.com/Trainfo_ALERT/status/1545597834334191617



【総武線(快速) 上下線 運転見合わせ】
総武快速線は、錦糸町~新小岩での車内でノコギリを振り回す乗客が現れたことによる安全確認の影響で、東京~千葉の上下線の一部列車で運転を見合わせています。[Update 11:45]
★振替輸送利用可能★
https://twitter.com/Trainfo_/status/1545600842799415296
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【【悲報】JR総武線内で乗客がノコギリを振り回す事件が発生。】の続きを読む


【悲報】中年暴走族、迷惑運転を繰り返す理由がこちら.....

俺の血が騒いだ!←これが理由wwwww

今年6月、神奈川県川崎市で43歳の暴走族リーダーが逮捕された。同事件は暴走行為のみならず、少年への脱退妨害なども問題視されたが、気になるのはその年齢である。この3日後には滋賀県でも中年暴走族による騒ぎが勃発。暴走する中年たちの本音に迫った。

◆旧車會のメンバーは10年で2倍以上に

警視庁によると、少年を中心とした暴走族は’05年から’15年末までに約4割減ったという。それとは対照的に旧車會(暴走族よりも平均年齢が高く、バイクによる迷惑運転を繰り返す傾向のあるグループ)のメンバーは、同期間で2倍以上に増えている。

爆音を鳴らし、我が物顔で街を駆け回る暴走族。市民を悩ませる彼らは、なぜ高齢化しているのだろうか。アウトロー文化に詳しいバーチャルYouTuber懲役太郎氏に聞いた。

「年を取ってもなお暴走行為を続ける人たちのほとんどは、若い頃に暴走族に属していた面々。10代の頃は警察に追尾されたり、そもそも免許がなかったりと、車体を失うリスクがあるので高いバイクには乗れなかった。

それが30代、40代になり、収入が増えたことで昔憧れていたバイクを買うことができるようになる。地元の仲間が一人買い、また一人が買う。そのようにして、自然発生的に暴走族高齢化していったのです」

◆稼ぐようになり粋な旧車を買い俺の血が騒いだ!

九州地方の旧車會に属する40代の男性は、今でも暴走まがいの走行をしてしまう一人。胸の内をこう話す。

暴走族の総長をしていた18歳当時、私は逮捕されました。1年間、少年院に入った後に社会へ出ると、仲間たちはすでに族を引退していた。自分だけ完全燃焼できなかったというモヤモヤがずっと消えなかった。

30代半ばになると、同じような思いをしていた人たちとツーリングをするようになりました。初めは人里離れたところで、空吹かしをしていただけでした。でも昔の血が騒ぐのです。どんどんエスカレートして、気づいたら市街地でも爆音で走るようになってしまった」

◆「暴走行為で捕まるのは、ある意味勲章」?

大人になっても暴走行為をやめられない理由はほかにもある。一部ではあるが、中年暴走族が憧れの対象になり、自分を客観的に見ることができなくなっている現実もある。関西地方の旧車會でリーダーを務める50代の男性は語る。

「俺たちは若い子らには到底買うことができない旧車を、熟練の技術でもって乗りこなしている。たまに俺たちのツーリングに参加したいと、暴走族の若い子が頭を下げに来るよ。吹かしのテクを教えた日には、興奮してスロットルを握る手が震えていたね」

中年暴走族による事件は全国各地で多発している。特に千葉県富津市で起きた「旧車會ヘリ追跡事件」などは、周囲で大変な騒ぎになったことが容易に想像できる。

しかし、20年前まで沖縄で暴走族の総長をしていたというA氏は、「捕まった3人の心境は手に取るようにわかる」と言う。

「暴走行為で警察に捕まることは、ある意味、勲章でもあります。そのうえ、ヘリに追われたとなれば周りは崇め奉り、本人たちも後世まで語り継がれる伝説のように、今でも自慢していることでしょう」

入れ墨が怖くて追い抜けやしない

だが、そんな中年暴走族たちも、昔と違ってしたたかさを身に付けているから厄介だ。A氏が続ける。

「ほとんどの場合、安全を担保するため、所轄の県警にバイク何台でどこを走るという計画書を提出しています」

根回しをしているとはいえ、住民からすれば知ったことではない。川崎市に住む30代の主婦は憤りを隠さない。

「私の住んでいる地域では、週末になると昼夜問わず暴走行為をするバイクが何台もいます。スピードを出すだけではなく、ゆっくりと我が物顔で道路を占拠するように走るんです。追い越したいのはやまやまですが、入れ墨が見えたりして、怖くて追い抜けません。それも少年ではなく中年男性たちがイキっているじゃないですか。子供にはあんな大人になってほしくない。見せるのも嫌」

もちろん、交通ルールを守ったうえで走行を楽しむ旧車會もある。だが、「交通ルールを守らない場合、旧車會という名を借りた、ただの暴走族です」と懲役太郎氏は言う。

「多くの旧車會には交通安全や法令遵守の意識があります。しかし、暴走行為をする旧車會は一般人にとっては暴走族となんら変わりないでしょう」

暴走行為に対する警察の警戒はさらに強くなるかもしれない。中年たちはどこへ向かって走っていくのだろうか。

◆「暴走族ではなく旧車會」と主張して暴走する大人たち

ブンブンブンブン!」

5月某日、三重県の幹線道路に鳴り響くエンジン音。40台近いバイクの集団が駐車場に止まった。相変わらずエンジンは吹かしたままである。時刻は22時を過ぎているが、近隣の子供たちは眠りにつけるのだろうか。

実はこの集団、旧車會YouTubeチャンネルマウンテンスター」を運営するご一行。番組のプロデューサーである男性R氏に話を聞けた。一体、本人はどんなつもりで走っているのだろうか。

「私は16歳から18歳まで三重県でヤンチャしていました。旧車會に入ったのは30代になってから。カネを稼げるようになり、また昔の仲間と、さらにカッコいい旧車で走りたくなったんです。旧車には歴史がある。僕らは暴走族ではなく、あくまで愛好家だと思っています」

◆彼らの言い分は…

確かにヘルメットをかぶり、信号無視もしていないようだが、40台が一斉にエンジンを吹かすのはさすがに迷惑ではないのか。

「10代のときのように、交差点を封鎖して旋回したり、バットを振り回しながら走ったりはもうしないですよ。ちょっとはうるさいかもしれませんが、住民にも旧車ファンはいるはずですから」

そう話すと、再び爆音を鳴らし幹線道路を走り抜けていった。

懲役太郎氏】
バーチャルYouTuber。「懲役太郎チャンネル」の登録者数は42万人を超える。近著に『常識として知っておきたい裏社会』(彩図社)がある

【元総長A氏】
41歳。沖縄の某暴走族の元総長。現在は広告関係の仕事に就き、更正しているが、全国各地の暴走族や旧車會との繋がりは今も健在

取材・文/神里純平

ロケットカウルと呼ばれるものを着用しているバイク。完全に周囲を威嚇している


(出典 news.nicovideo.jp)

【【悲報】中年暴走族、迷惑運転を繰り返す理由がこちら.....】の続きを読む


赤松 (あかまつ けん、1968年〈昭和43年〉7月5日 - )は、日本の漫画家、実業家、政治活動家、創作関連ロビイスト。血液型はB型。赤松スタジオ代表、株式会社Jコミックテラス取締役会長、日本漫画家協会常務理事、表現の自由を守る会最高顧問。 東京都東久留米市出身。主に『週刊少年マガジン』(講談
22キロバイト (2,829 語) - 2022年7月2日 (土) 03:40


(出典 dancingdolls.jp)


命に大事無くてよかったですぞ。

1 minato ★ :2022/07/02(土) 18:59:57.21
 自民党から参院選(10日投開票)比例代表で立候補した漫画家の赤松健氏(53)の街宣車が2日午前11時頃、京都府京都市中京区で店舗のひさしに衝突する物損事故を起こした。

 赤松健選挙事務所によると、赤松氏は乗車してなく運転手にケガはなかった。

 事故車は自身の漫画キャラクターが描かれた近畿や東海圏を走っていた真っ赤な弐号機。赤松氏は「該当店舗のご関係者様、また、地域の皆様に多大なるご迷惑をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます」とコメントを発表した。

 その上で「警察に連絡のうえ調査に全面的に協力しております。事故原因等の詳細につきましてはまだ詳細が判明しておりません。店舗の従業員の方やお客様、街宣車の運転手をはじめ、負傷者はいないとの報告を現地から受けています。被害を与えてしまった店舗、その他関係者の皆様に対しましては誠意をもって対応させていただきますとともに、事故原因等を踏まえて、早急に再発防止措置を講じ、より一層の安全運行に取り組んでまいります。この度は、このような事故を起こしてしまったことを、重ねてお詫び申し上げます」とした。

 ネット上では「赤松健選挙カー、ゲーセンに突っ込んで大破」「なにも悪いことことしていないのに、やることすべて裏目に出るの、呪われている」などといった書き込みが寄せられている。
https://www.tokyo-sports.co.jp/social/4293671/


関連
【参院選・比例】赤松健氏“痛車選挙カー”から表現の自由訴え「講談社漫画賞もらった時より緊張」
https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/202206220000885_m.html
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1656736013/

【【悲報】漫画家・赤松健さんの選挙カーが物損事故を起こしてしまう.....】の続きを読む

このページのトップヘ