ニュース


"いまさら"でも言う! 東京五輪後、世界は日本を「ガッカリな国」と見る! | ニコニコニュース



『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、東京五輪終了後、世界は日本をどう評価するのか推測する。

(この記事は、8月2日発売の『週刊プレイボーイ33・34合併号』に掲載されたものです)

* * *

五輪がスタートしてから約2週間が経過した。テレビでは、日本選手の活躍が繰り返し報じられ、「国民的盛り上がり」が演出されている。しかし水を差すようで申し訳ないが、大会終了後に、世界は日本をどう評価するのか? それを考えると暗澹(あんたん)たる気分になってしまう。

菅義偉首相はコロナ禍に負けず五輪を成功させ、世界に団結と連帯を示した「すごい日本」という声を期待しているのだろう。しかし、そんな願望とは裏腹に、世界は日本を「おかしな国」「がっかりな国」と評価するのではないか?

緊急事態宣言下での五輪の強行開催に、いまだ違和感を抱いている人々は多い。五輪のためには感染拡大=国民の犠牲も仕方ないと言わんばかりの菅政権の姿勢は、無謀にも太平洋戦争に突入した日本を彷彿(ほうふつ)とさせる。アメリカと戦えば敗北するという戦力分析を無視して開戦し、大きな惨禍を招いた。

東京五輪もこれと似ている。専門家の警告を無視して開催を強行し、感染拡大や飲食業者などへの自粛要請で、国民の命や生活を危険に陥れるような犠牲を強いている。安倍晋三前首相が五輪に反対する人々を「反日的」だとレッテル貼りをしたことも、戦時中の「非国民」という言葉を連想させる。

そして、五輪という大イベントが始まってしまえば政府への異論が鳴りを潜めてしまう国民性も戦時中から大して変わっていない。

21世紀の日本がはるか昔の戦時中と同じような振る舞いをしていることに、私は大きな違和感を覚える。また、女性蔑視発言やいじめホロコーストネタなどで、森喜朗氏をはじめとする五輪組織委内で辞任や解任のドタバタが続いたことも世界に日本の排他性と人権無視の現状を印象づけた。

これらのことをひとつひとつ点検していけば、おそらく海外から見ても日本は「おかしな国」だと映るだろう。

そして、「がっかりの国」は、もっとわかりやすい。例えば、東京五輪の開会式である。ロンドン五輪の約1.7倍、リオ五輪の約16倍にもなる165億円の巨額費用を投じた割に、その出来栄えは決してホメられたものではなかった。冗長でメッセージ性に乏しく、全体として何を表現したいのか、私にはよくわからなかった。

一方で、1824機のドローン編隊が地球を描いた「ドローンライトショー」の評判は上々だったという。しかし、この技術は日本のものではなく米インテル社によるもの。しかも、これ自体も今や世界では目新しくない。

中国をはじめとするドローン先進国なら、地球の静止像などでなく、華やかなイルミネーションや音楽とともに鳥や魚の群れのようにドローンが高速で方向転換を繰り返す躍動的な編隊飛行「ダンス」を夜空に出現させていたはずだ。

コロナ禍のせいではあるが、日本の売りのひとつであった「おもてなし」も十分にできず、残念ながら、洗練された文化国、高度にテクノロジーの発達した先進国というイメージの発信に完全に失敗したと言わざるをえない。これらの失望感は当然、「がっかりの国」という世界の評価をもたらすことになる。

メダル数が過去最多でも、この五輪は日本の停滞を世界に印象づけることになる。ただ、それが、日本国民に自国の危機を知らせることになれば、不幸中の幸いというべきなのかもしれない。

古賀茂明(こが・しげあき) 
1955年生まれ、長崎県出身。経済産業省の元官僚。霞が関の改革派のリーダーだったが、民主党政権と対立して11年に退官。『日本中枢の狂謀』(講談社)など著書多数。ウェブサイト『DMMオンラインサロン』にて動画「古賀茂明の時事・政策リテラシー向上ゼミ」を配信中。最新刊『日本を壊した霞が関の弱い人たち 新・官僚の責任』(集英社)が発売中

「21世紀の日本がはるか昔の戦時中と同じような振る舞いをしていることに、私は大きな違和感を覚える」と語る古賀茂明氏


(出典 news.nicovideo.jp)

【「東京五輪後、世界は日本を“ガッカリな国“と見る!」】の続きを読む


橋下徹氏「強制的にベッド確保させる法律必要」投稿に賛否 「出来るはずない」「現行法で可能」の声 | ニコニコニュース



 元大阪府知事、元大阪市長橋下徹氏が、8月4日ツイッターで、新型コロナウイルス感染者が増大し病床が逼迫し、中等症の患者を自宅待機とする方針を政府が示し、批判が殺到している現状に持論を述べた。

 橋下氏は、批判ありきではなく、ケースバイケースでの対応が必要と主張する立場に付いている。ツイッターでも「全員入院させる!と言えば批判を受けない。しかしキャパがないなら優先順位を付けるしかない」と意見。さらに「同時に、病院に対して強制的にベッドを確保させる法律(医療従事者への指揮命令権)も作らないと国民感情が収まらないだろう」「今とにかく備えなければならないことは、入院の必要な患者のためにベッドをできる限り空けておくこと。入院基準の見直しと同時に、医療界への指揮命令権を法律化することも必要」と書き込んだ。

 ​>>橋下徹氏、小山田圭吾に「日本の恥」「組織委員会の感覚がズレている」と猛批判 「代弁してくれた」共感の声集まる<<​​​

 これには、ネット上で「そんなこと出来るはずないでしょう?病院だって経営傾いたら倒産。コロナ治療に非協力的な病院に対して 保険診療停止処分でもした方が 現実的では?」「現行法で病床確保の指示は可能。ただ従わなくて良い点が問題」といった声が聞かれた。

 「指揮命令権」の設定は橋下氏ならではの提言と言えるが、一つの極言、あるいは理想論めいたものなのは確かだろう。「また無茶苦茶言ってる。いいですか、日本は自由主義の国ですよ」「こんなことを今になって議論しなきゃと言ってる時点でマズ過ぎる」といった声も聞かれた。

 このほか、「公立病院を作ればよいだけ。医師や看護師公務員なので、災害時でも働きますよ。公立病院潰したり、看護師の給与下げたりした人には無理だろうけど」といった、橋下氏の政治家時代の政策を引き合いに出した批判の声も聞かれた。

 それでも橋下氏が指摘する通り、コロナ対策には現行の法制度では対応しきれない問題や課題が噴出しているのは確かだろう。

記事内の引用について
橋下徹氏のツイッターより https://twitter.com/hashimoto_lo

橋下徹氏


(出典 news.nicovideo.jp)

【橋下徹氏「病院に対して強制的にベッドを確保させる法律も作らないと国民感情が収まらないだろう」】の続きを読む


河村市長のメダル噛み、謝罪コメントがむしろ火に油注ぐ事態に | ニコニコニュース



代替テキスト
(写真:アフロ

「最大の愛情表現だった。金メダル獲得は、あこがれだった。迷惑を掛けているのであれば、ごめんなさい

こうコメントしたのは、名古屋市河村たかし市長(72)だ。

8月4日ソフトボール日本代表・後藤希友投手(20)が同市役所に表敬訪問。その際、河村市長は後藤選手から金メダルを首にかけてもらうと、了解もなくメダルを噛んだのだ。さらにメダルを拭くことなく後藤選手に返したため、猛批判が。そして同日、冒頭のように書面で謝罪コメントを発表した。

選手にとって、金メダルは一生の宝物だ。そのため、“それを勝手に噛むとは理解し難い““新型コロナウイルスが感染拡大するなか、唾液に細心の注意を払う必要もあるのに“といった声が各所から殺到。河村市長は“愛情表現”としたものの、一夜明けても非難されている。

《まじで気持ち悪い。一生の宝物に一生消えない汚点をつけやがった》
《河村市長のアレ、無理。本当無理。配慮無さすぎ。気持ち悪い。なんであんな何にも考えられない人が市長やってんの?》
《今年イチ気持ち悪いコロナ禍で安易に人のモノに唾液をつける行為を働く人が役人であってはいけない》

ネットでは、そうした嫌悪感を示す声が続々噴出。さらに謝罪コメントにも、こんな厳しい声が上がっている。

《愛情表現とか良いように言うんじゃない 憧れの金メダル獲得? 自分が獲ったわけじゃないのに!》
《これで“最大の愛情表現”&“迷惑を掛けていない可能性があるかもしれない”と考えているとしたら、完全に感性がNGだわ》
《「愛情表現」「憧れ」「迷惑をかけているのであれば」と、反省ではなく勝手な自己弁護ばかり》
《弁明の「最大の愛情表現」は相手が男性なら言わない。若い女性なら許されると思った時点で、この世代の男性は……と五輪でまた学ぶ虚しさ》
《選手への敬意はどこにも感じられない》

■公式サイトには「気さくな72歳」「友達のような市長」との文言が

メダリストたちも反応を示している。東京五輪の柔道男子60キロ級金メダリストの高藤直寿選手(28)はTwitterで《動画見たけど、『カンッ』て歯が当たる音なってるし 自分の金メダルでも傷つかないように優しく扱ってるのに》といい、《怒らない後藤選手の心の広さ凄すぎ 俺だったら泣く》と投稿。

さらにロンドン五輪バドミントン女子銀メダリストの藤井瑞希選手(33)は《他の方に同じようなことをされました》と“経験者”であることを明かし、《口いっぱいにメダル入れられた、、たぶんボケかましてきたんだと思うけど、本当泣きそうになった》《その瞬間はショックだったけどしっかり消毒して、たくさんの人に触ってもらってたくさんの笑顔が見れたので、忘れてました。今後このようなことがありませんように》とツイートしている。

河村市長の公式サイトには、「気さくな72歳」「友達のような市長」との文言が並んでいる。しかし気さくであっても友達のようであっても、配慮がなければただの迷惑行為。そのことを、理解しているのだろうか。



(出典 news.nicovideo.jp)

【金メダルに噛みついた名古屋市市長さん、謝罪するもまたもや批判殺到!】の続きを読む


「MARGINAL#4」、コンテンツ始動から8年目にして初の舞台化決定!2022年2月に開幕 | ニコニコニュース



2013年からCD、ゲームアニメイベントなどさまざまなメディアで展開を続けているコンテンツMARGINAL#4」の舞台化が決定したことが分かった。タイトルは「舞台『MARGINAL#4』 BIG BANG STAGE」。今回の舞台化は、8月5日に配信されたスペシャル特番「ピタゴラス HOUSE へようこそ!」にて発表された新プロジェクトのひとつで、コンテンツ始動から8年目にして初の舞台化となる。

【写真を見る】淡い色合いがキュートな原作新プロジェクトのキービジュアル!

MARGINAL#4」は、架空の芸能プロダクション株式会社ピタゴラスプロダクションに所属し、“銀河の果てまでKISSを届けるアイドル!”をキャッチコピーに活動をするアイドルユニットの名称であり、人気を集めているコンテンツの名称。

このたび発表された「舞台『MARGINAL#4』 BIG BANG STAGE」は、2022年2月23日(水)から2月27日(日)まで、ヒューリックホール東京で公演。出演キャスト陣は、今後発表される。

原作「ピタゴラスプロダクション」キービジュアル/(C)Rejet / IDEA FACTORY(C)MARGINAL#4 BIG BANG STAGE


(出典 news.nicovideo.jp)

【様々なメディアで活動をする『MARGINAL#4』が遂に初の舞台化決定!】の続きを読む


他人の金メダルにいきなり噛みつく 「どういう神経?」名古屋市長のパフォーマンスに批判殺到 | ニコニコニュース



東京五輪ソフトボール金メダルを獲得した後藤希友投手は2021年8月4日、出身地である名古屋市河村たかし市長を表敬訪問した。

このとき河村市長が披露したパフォーマンスをめぐり、SNS上に批判が相次いでいる。

マスクを外し、メダルをがぶり

ソフトボール日本代表は、オリンピックで13年ぶりに悲願の金メダルに輝いた。リリーフとして数々のピンチで大活躍したのが、名古屋出身の後藤投手だった。

後藤選手は名古屋市役所を訪れ、河村市長に金メダル獲得を報告。SNS上では、地元局のCBCテレビで放送されたこのときの1シーンが大きな注目を集めている。

後藤投手は報道陣の前で、河村市長の首に自身のメダルをかけた。すると河村市長はマスクを外し、後藤投手のメダルに噛みついた。このときの様子をCBCテレビはこう報じる。

「後藤投手の活躍を称えた河村市長ですが、金メダルを首にかけてもらうと『重たいな』とつぶやき、突然金メダルをかむパフォーマンスを見せました」

会場からは笑い声が上がっていた。

この映像はCBCのサイトなどでも配信されており、SNS上でも拡散された。視聴者からは河村市長のパフォーマンスに疑問の声があがっている。

「今はコロナ禍。その対応は考えられません」
「自分のじゃないのになにかじってんだよ 可哀そう」
「人の金メダル噛むってどういう神経してるの?気持ち悪い
名古屋市の河村たかし市長(写真:Natsuki Sakai/アフロ)


(出典 news.nicovideo.jp)

【【悲報】名古屋市市長さん、他人の金メダルに噛みつき批判殺到。】の続きを読む

このページのトップヘ