芸能


与党議員、BTS活動休止で兵役法改正を訴える→ネット民は反対


2022年6月20日韓国・ヘラルド経済は「人気グループBTS防弾少年団)がグループ活動休止を宣言した中、政界ではいわゆる“BTS兵役特例法”改正案の賛否論が再燃しそうだ」と伝えた。記事によると、与党「国民の力」の尹相現(ユン・サンヒョン)国会議員は20日、自身のFacebookに「国会はいかなる理由があろうと(兵役法)改正を回避せず、より大きな国益を選択すべきだ」「そうしなければK-POP黄金期が蜃気楼(しんきろう)のように消えてしまいかねない」と投稿した。また、「(BTSグループ活動休止の)表面的理由として、自分たちが疲れていることを強調し休息が必要だとしていたが、年内に入隊が迫るJIN君の兵役問題が主な理由だ」「所属事務所メンバーの軍服務問題について国会の迅速な結論を待つとの立場を示したが、依然として何の便りもない」とも書いている。さらに「BTSの活動休止宣言により所属事務所の株価が急落し、1日で2兆ウォン(約2088億円)の損失が出た」とも指摘し、「それだけBTSの問題はK-POP市場を超えて韓国経済に大きな影響を及ぼす。国会が答えを出すべき時だ」と主張している。BTSメンバー全員が韓国国籍者で現役入営対象者となっている。現行兵役法によると、BTSは23年から現役徴集対象となる。しかし、「BTSの業績は、各種コンクールでの受賞により兵役特例となる芸術人に劣るものではない」という声が上がり、一部議員らが「BTS兵役特例法」改正案を発議した。昨年11月に国会国防委員会法案審査小委員会に上程されたが、与野党議員の賛否が割れ、保留されている。この記事に、韓国のネットユーザーからは「本人たちは(軍に)入ると言ってるのに、政治家が何を騒いでるのか。これでK-POPが消えるなら、もともと持続可能な事業じゃなかったというだけだ」「BTSがいないからって蜃気楼になるなら、ただのバブルということ」「あれこれ理由をつけて免除してやったら、誰が軍隊に入ろうと思うのか。国防の義務とはもっと神聖なものじゃないのか?」「個人の努力で個人の利益を得ている商業歌手にすぎないのに、大きな意味を持たせる必要はない」「防弾少年団って名前なのに兵役免除?。冗談じゃない。さっさと入隊すべきだ」「軍服務は全ての国民に平等であるべきだ。貧しい家の息子ばかり入隊するようなことがあってはならない」「原則が毀損(きそん)されたら、尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権もおしまいだ」など、特例法改正に反対のコメントが殺到している。(翻訳・編集/麻江)
20日、韓国・ヘラルド経済は「人気グループ・BTSがグループ活動休止を宣言した中、政界ではいわゆる“BTS兵役特例法”改正案の賛否論が再燃しそうだ」と伝えた。資料写真。


(出典 news.nicovideo.jp)

【与党議員、BTS活動休止で兵役法改正を訴える→ネット民は反対】の続きを読む


【参戦】ガーシーさん、参院選に出陣!


 6月22日に公示日を前に参院選に向けた闘いが本格化している。細田博之衆院議長のセクハラ疑惑に、岸田派ホープのパパ活疑惑も飛び出したが、高支持率の政権に支えられて前哨戦は与党優勢。6月14日発売(SPA!6/21・28合併号)では、そんな選挙を大いに盛り上げるであろう“クセ強”候補者たちを直撃取材。松井一郎・維新代表と係争中のれいわ水道橋博士氏や、自身のスキャンダルを受けて’16年参院選を出馬辞退した乙武洋匡氏、’19年衆院選でまさかの敗北を喫した辻元清美氏など計7人が登場するが、今回はそのなかでも最凶の刺客、ガーシーことNHK党東谷義和氏のマニフェストと選挙に向けた思いを拡大版で公開。

◆公約は「日本の芸能界の浄化」エンタメを新たな輸出産業に

 今回の参院選候補者のなかで、最も“クセ強”なのはこの男に違いない……。さまざまな芸能人に異性を“アテンド”してきた「ガーシー」こと東谷義和氏だ。

 数か月前まで世間的な知名度はないに等しかったが、「BTSに会わせると詐欺行為を働いた、異様に芸能界で顔の広い男」として3月に大炎上。ところが、この騒動をきっかけに手のひらを返して離れていったタレントたちの闇を暴露し始めると、たちまちチャンネル登録者100万人超えの大人気ユーチューバーに。ついには日本の芸能界の浄化を掲げて、参院選に殴り込みをかけたのだ。

 一体、暴露系ユーチューバーは国会で何をしたいのか……? 小誌記者に対して東谷氏は電話口で堰を切ったように話し始めた。

「僕は世界に進出している芸能人たちと仲良くしてきましたが、なかでも山田孝之は世界的に有名になりました。海外に行っても『Oh! NAKED DIRECTOR(全裸監督)!』と気づかれる。そういうのを間近で見たときに思いました。韓国に負けず劣らず、日本の芸能界にも世界で通用するものはまだたくさんあるぞと。

 でも、世界に挑戦することって、一個人や一事務所の力では難しいことなんですよ。だから、韓国のように国を挙げて支援するようなかたちにして、日本のエンターテインメントを新たな輸出産業に育てたい。それが成長産業になれば、ブラックと言われる芸能界の労働問題も解決していくと思っています」

 日本のみならず海外の芸能人とも親交を温めてきた東谷氏は、日本の芸能界の問題点を次のように指摘する。

BTSをはじめ世界のトップスターを生み出してきた韓国は、自国のマーケットが小さいこともあって外に売り込んでいくことに貪欲です。韓国内で大きなライブができるところって、ソウルくらいしかないんですから。だから中国に出ていくのも早いし、アメリカエンタメもどこよりも早く取り入れようとする。

 一方で、日本は国がもともと豊かだってこともあるんでしょうけど、国内だけで満足しちゃっていることが多い。それだけでもかなりのお金が稼げてしまうんで。海外に出てチャレンジするという精神を失っているんじゃないかなと思うんです」

BTS詐欺被害者とは示談成立でもガーシーが帰国を避ける理由

 そんな熱いエンタメ産業愛を吐露する東谷氏に対しては、逆風も吹いている。「詐欺をはたらこうとした人間が選挙に出るのか」「他にも踏み倒した借金があるだろう」「日本に戻れば逮捕されるのでは」といった批判に晒されているのだ。

BTS(に会わせると謳ってお金を取った)被害者への約4000万円の弁済はすでに終わり、示談も成立しました。3億円ほどあった借金も、YouTubeなどの収入で早ければ夏までに完済できる見込みです。参院選で当選すればNHK党が一時的に借金を肩代わりしてくれるとのことなので、もっと早く完済できるでしょう。

 だから『もう詐欺罪で逮捕・起訴されることはない』ということは、顧問弁護士にも確認しています。僕は賭け麻雀をやっていたことを公言しているので、賭博罪での逮捕はあるかもしれませんが、そうなったら僕に賭け麻雀を暴露されたヤツらも一緒に逮捕されないと辻褄が合いません。賭博の証拠もあるんですから。

 ただ、僕の口を封じようと圧力をかけて警察を動かそうとするヤツらはいっぱいいます。実際に、今回の警察の捜査には恣意的なものがありました。BTS被害者の方が『ガーシーを逮捕したい、YouTubeをバンさせたいから、示談に応じないでほしい』と警察から連絡があったことをチクってきてくれたんです。そして示談が成立すると、今度は警視庁が示談書を受け取ってくれず、捜査担当者の名前も教えないという。

 これはあまりにも不自然で、政治家や彼らと癒着する人間の介入があったのだと思われます。そうした問題がクリアになって、安全に生活できる状況になれば日本に帰りたい。BTS被害者の方々に直接謝りたいし、オフ会を開催して、支えてくれたフォロワーの方々にもお礼を言いたい。そして、たくさん迷惑をかけたオカンにも謝りたい」

 5月30日にドバイ(アラブ首長国連邦)からリモートで行われた出馬会見でも明かしたように、東谷氏には帰国して選挙活動を行う予定はない。海外からYouTubeでの情報発信を続けながら、他のNHK党候補者の街頭演説時にリモートで参加したり、全国に流れる政見放送で動画を流して票の掘り起こしを行ったりするという。

 仮に当選しても、国会に出席しない可能性もある。3月に公開した動画で言及していたように、「3億円の懸賞金」がかけられ、「拉致監禁」されるリスクがあるためだという。海外から日本の選挙活動を行い、国会にも出席しない議員が誕生すれば前代未聞のことだが、それでも芸能界の闇に関する暴露は続けるとか。

◆「ウソの正義よりも真実の悪」を求める選挙に無関心だった層を取り込めるか

「特定の芸能事務所政治家や官僚とに結びつきがあることを、僕は身をもって知っています。岸田政権の幹部が、ある芸能事務所と深い繋がりを持っていることも知っている。それを証明する写真もある。国会議員になることができたら、まずそれを岸田さんに追及したい。国会に行っても、まったく忖度はしません。政治家の闇もどんどん暴露してやりますよ。関西弁のタメ口で(笑)

『お前も詐欺しかけた人間やろ』と思うかもしれないけど、関係ない。フォロワーたちが僕に教えてくれたんです。『ウソの正義よりも、真実の悪』が求められていると。僕は自分のやった悪いことを正直に語って謝罪して、カネを返済するために暴露をやってんのや、ってことも正直に語っている。何かを守るために嘘をついて取り繕う人間よりも、悪いこともすべて正直に明かしている人間のほうが信用できる。だからこそ、多くの人に支持してもらえたのだと思っています。

 でも、僕のSNSのフォロワーがいくら増えたとしても、それはネットの中だけの影響力でしかないということはよくわかっています。だから、選挙に出ることでネットの外でも影響力を持ちたいんです。今まで政治に無関心だった人たちが、少しでも興味をもってもらえたらいいなと。

 それから、間違いを犯してしまった僕が再チャレンジをする姿を多くの人に見てほしいという思いもあります。僕と同じように、過去を反省してこれから正直に生きたいと思っている人たちに、『人はいつでもやり直せる』と励ますことができたら嬉しいです」

 会見でNHK党立花孝志党首が明かすには、東谷氏が出馬表明をして以降、選挙に行ったことのない有権者から「どうやって投票するのか?」といった問い合わせが相次いでいるという。政治に無関心だった人々を取り込めたらワンチャンあるか? 芸能界はもとより、永田町も戦々恐々としながら投開票日を迎えることになりそうだ……。

東谷義和(50)
NHK党公認/全国比例 金銭トラブル以降、手のひらを返した芸能人の裏の顔を暴露するユーチューブを開始。SNSの総フォロワー200万超

<取材・文/週刊SPA!編集部>
※週刊SPA!6月14日発売号より

「東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】」より


(出典 news.nicovideo.jp)

【【参戦】ガーシーさん、参院選に出陣!】の続きを読む


【賛否】堀江貴文さん「ほぼ風邪になってるウィルスにいつまで怯えてるのか」


 実業家のホリエモンこと堀江貴文氏が5月23日ツイッターで、ノーマスクに関して持論を展開し賛否両論を集めている。

 現在、マスコミでは新型コロナウイルス対策としてのマスクはもう必要ないのではないかといった議論が巻き起こっている。これを受け堀江氏は「私以外で外してる人ほぼいないっすね。怖いんだろうね皆んな」とツイート。日常的にマスクを付けることはしていないが、求められたならば着用するスタンスを取っているようだ。

 さらに「ワクチン三回打ってほぼ風邪になってるウィルスにいつまで怯えてるのか不思議ですわ」
とも持論を述べた。

 >>「ウンコ大臣」と痛烈批判も 西村元大臣の著作に怒りのホリエモン、因縁はこれまでにも?<<

 これにはネット上で「間違いないっす。ほんまにただの風邪よね」「コロナを怖いって言ってる人の方が怖い」といった共感の声が聞かれた。一方で「死者数は最近になって急増している」「風邪で亡くなる方も居るからなぁ…用心して何が悪いんやろね?」といった慎重な立場に付いた意見も聞かれた。このほか「楽なんですマスクしてると。それと、
マスク前提の社会』になり、皆それに適応しつつあります」と、すでにマスクが社会の習慣と化しているのではないかと見る声も聞かれた。

 さらに堀江氏は同日の別ツイートでは「普通にラウンジの人は指摘してきました。面倒臭くなるとかではなくそいつの個性の問題な。手荷物検査の人も言ってきたな。真面目な従順な人にありがちな行動」と、飛行機関係の場でもマスク着用を求めて来るか否かはケースバイケースであるとも取り上げていた。

 堀江氏は日本政府のコロナ対応について批判的なスタンスを示してきたが、今後はマスク着用の不要に関しても積極的な議論を巻き起こしそうだ。

記事内の引用について
堀江貴文氏のツイッターより https://twitter.com/takapon_jp
堀江貴文氏


(出典 news.nicovideo.jp)

【【賛否】堀江貴文さん「ほぼ風邪になってるウィルスにいつまで怯えてるのか」】の続きを読む


宮迫博之さん「お笑いやりたいっす」


やったらええやん👍全盛期の宮迫さん好きやったぞ。

タレント明石家さんま(66歳)が、5月21日に放送されたバラエティ番組「さんまお笑い向上委員会」(フジテレビ系)に出演。宮迫博之の焼肉店「牛宮城」に行って、宮迫が「お笑いやりたいっす」と言っていたと語った。

番組冒頭、さんま今田耕司に「今ちゃ〜ん、牛宮城行ってきたで」と話すと、今田も「聞きたくて今日まで我慢してました」と返す。さんまは“明石家マージャンクラブ”という、インスタントジョンソン・じゃい、ブラックパイナーSOS・内藤正樹、トータルテンボス・大村朋宏らと出掛けたそうで、蛍原徹については「ホトちゃんが行けなかったんですけども」と明かした。

「牛宮城」にアルバイトに行ったというFUJIWARA・藤本敏史が宮迫について「宮迫さんもう芸人やなかったですね。ただの店長でしたね」と言うと、さんまも「人のテレビ見て面白いと思うようになるらしいな。『最近は誰々面白い』って。(お笑いが)抜けていくんやろ。(宮迫に)『それはあかんで』いう話してやな。最後は(宮迫が)酔うてへべれけになって『お笑いやりたいっす』って」とお笑いの世界に未練があるようだと語った。


(出典 news.nicovideo.jp)

【宮迫博之さん「お笑いやりたいっす」】の続きを読む


GACKTさん、年内に芸能活動復帰を発表。

無事で良かった👍

 神経系の疾患などにともなう体調不良で無期限の活動休止を発表したミュージシャンGACKTについて、所属事務所が16日、現在の容態と復帰の目処を報告した。

【画像】出演が発表されていた映画『翔んで埼玉II(仮)』

 同事務所は「GACKTの病状経過と活動再開につきまして日本のエージェント事務所として御報告致します」とし、「尚、病状詳細につきましては医療機関より報告されております通りでございます。ファンの皆様ならびに関係者の皆様には大変ご心配をお掛けしましたが、これまでの海外での療養に加えて日本でも治療を開始している事もありGACKTは順調に回復し体力も戻ってきており、エージェント事務所としましては当該医療機関の主治医ならびにGACKT本人と協議を行った上で病状の回復状況に合わせて年内に芸能活動を徐々に再開させて参ります」と伝えた。

 「GACKT本人は日常生活に支障がないくらいに回復しており、徐々に仕事への復帰をしてまいります」と現状を説明した。
GACKTの治療経緯について発表


(出典 news.nicovideo.jp)

【GACKTさん、年内に芸能活動復帰を発表。】の続きを読む

このページのトップヘ