アニメ


富野 由悠季(とみの よしゆき、1941年11月5日 -)は、日本のアニメ監督・演出家・脚本家・漫画原作者・作詞家・小説家。本人は演出家・原案提供者としている。日本初の30分テレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』の制作に携わるなど、日本のテレビアニメ界をその創世期から知る人物。祖父は東京府大島町(現・東
107キロバイト (15,446 語) - 2022年7月24日 (日) 17:05


(出典 hre-net.com)



1 名無しで叶える物語(茸) :2022/07/31(日) 10:13:00.52ID:O53NPJYu
富野由悠季監督が『G-レコ』で描きたかったのは“宇宙開発全否定”の物語。まったくプレイしないというゲームのことも聞いてみた
https://www.famitsu.com/news/202207/30269843.html

富野あのね、アニメ関係のスタッフから袋叩きに遭うことを言います。

たとえば女性キャラクターでは、ほかのアニメに出てくる美形の女性キャラクターとは違う声優を使ってるんです。いわゆる“かわいい声”の人は使っていません。あれだとみんな同じに感じませんか。7人か8人いたって。
アイドルブームでわかるとおり、同じようなコを13人連れてきたら全部わかんなくなるでしょ? それはやっぱりおかしいよね。グループだとみんな同じにしとかなきゃいけないから、個性はいらないってことだと思うんだけど。芸能プロダクションも冷酷なところがある。みんな並べて売るんだから、女の子たちに「お前だけじゃないんだよ」って言ってるようなものだよ。あの冷酷さを僕は持てない。

――“声”がかなりのウェイトを占めているとお考えなんですか?

富野かなりそうです。なので今回、声優さんの選定はやっぱり間違ってなかったなと思っています。皆さん、基本的にそれぞれの個性を活かして演じていただいています。

――登場人物のキャラクター性について、演者がそこまで大きなウェイトを占めているというお考えだというのは意外ですね。

富野これはアニメに限らなくて、実写の監督もそうなんだけども、みんな女性の趣味がワンパターンなんですよ。つまり、そのときヒットしてる人気のある女優を使い過ぎる。
昨日あっちの映画にも出ていた女優を、お前が撮る映画でまで使うのやめなさいよっていう考えかたをしない人が多いですね。そういう使いかたはキャラクターをいちばん活*方法ではないと感じます。

だからそれはいちばん最初の『機動戦士ガンダム』のときからなるべく避けるようにしています。ファーストガンダムのときにいた音響監督(松浦典良氏)が耳のいい人で、声優さんに対する固定された趣味を持っていない人だったんです。いわゆる新人とか、未経験みたいな子を平気で連れてきましたね。

――耳がいいというのは「このキャラクターにはこの声優さんが合っているはず」ということでですか?

富野そう、合ってる。「まさかこの子に?」って最初に思った典型的な例が戸田恵子さん

【【悲報】富野監督「アイドルアニメのかわいい声ってみんな同じで個性がない」】の続きを読む


【感謝祭】アニメ『あたしンち』公式YouTubeで特別映像及び全話一挙放送決定!


【元記事をコミックナタリーで読む】けらえいこ原作によるアニメあたしンち」のYouTube公式チャンネルで、8月に「#あたしンち感謝祭」が開催される。これは同チャンネル8月3日アニメあたしンち」の最終回が公開されるのに合わせたもの。「#あたしンち感謝祭」では、毎週金曜日8月5日、12日、19日、26日に特別映像が公開される。また9月1日から10月16日にかけては、過去に同チャンネルで公開した全話を一挙配信。これまで非公開となっていた「あたしンち」のエピソードも期間内は視聴可能となる。

「#あたしンち感謝祭」

配信日時:2022年8月5日(金)18:30
配信内容:「あたしンちTVスペシャル+おまけ

配信日時:2022年8月12日(金)18:30
配信内容:「夏のエピソードまとめ1」

配信日時:2022年8月19日(金)18:30
配信内容:「夏のエピソードまとめ2」

配信日時:2022年8月26日(金)18:30
配信内容:「日常は面白い エピソードまとめ」

「アニメ『あたしンち』一挙公開」

期間:2022年9月1日(木)~10月16日(日)
配信内容:アニメあたしンち」全話
「#あたしンち感謝祭」告知ビジュアル


(出典 news.nicovideo.jp)

【【感謝祭】アニメ『あたしンち』公式YouTubeで特別映像及び全話一挙放送決定!】の続きを読む


TVアニメ『魔都精兵のスレイブ』2023年に放送開始!製作現場の動画も公開!


【元記事をコミックナタリーで読む】タカヒロ竹村洋平原作によるTVアニメ魔都精兵のスレイブ」の放送時期が2023年に決定。和倉優希役の広瀬裕也による制作現場レポート動画も公開された。【大きな画像をもっと見る】広瀬はアニメ制作会社Seven Arcsを訪問。動画には監督の久慈悟郎や、キャラクターデザインおよび総作画監督を担当する吉井弘幸らが出演し、アニメ魔都精兵のスレイブ」への意気込みや注目ポイントを語っている。「魔都精兵のスレイブ」は醜鬼(しゅうき)という怪物と、女性が食べると特異な能力をもたらす桃が存在する異空間“魔都”を舞台にしたバトルファンタジー少年ジャンプ+で連載中だ。

TVアニメ「魔都精兵のスレイブ」

2023年放送

スタッフ

魔都精兵のスレイブ」(少年ジャンプ+連載中/ジャンプコミックス刊)
原作:タカヒロ
漫画:竹村洋平
制作スタジオSevenArcs

キャスト

和倉優希:広瀬裕也
羽前京香:鬼頭明里
東日万凛:宮本侑芽
駿河朱々:日野まり
大川村寧:立花日菜
出雲天花:内田真礼  
東八千穂:稗田寧々
若狭サハラ:上田麗奈(c)タカヒロ・竹村洋平/集英社・魔防隊広報部
TVアニメ「魔都精兵のスレイブ」ティザービジュアル


(出典 news.nicovideo.jp)

【TVアニメ『魔都精兵のスレイブ』2023年に放送開始!製作現場の動画も公開!】の続きを読む


【話題】アニメ『チェンソーマン』8月にキャスト発表!ファンからは予想する声が続出!


 テレビアニメチェンソーマン』の情報解禁する特番が、8月5日午後8時よりMAPPAYouTubeチャンネルABEMAなどで生配信されることが決定した。最新PVの公開や注目のメインキャストが発表され、ネット上では「誰が出演するんだろう!」「マキマさん、誰!?」「キャスト、気になる!」などのキャスト予想する声があがっている。

【動画】声は誰?大胆ボディのマキマさん! 神作画の公開された『チェンソーマン』アニメPV

 番組には『チェンソーマン』大好き芸人のマヂカルラブリー・野田クリスタルがMCを担当し、原作漫画『チェンソーマン』担当編集の林士平、制作スタジオMAPPAよりアニメーションプロデューサーの瀬下恵介氏、当日発表となるメインキャストが出演。最新のアニメーションPVなど重大な情報が続々と明らかになる。

 6月にPVが公開された際、「デンジ岡本信彦」「デンジCV岡本信彦、アキCV石川界人に1票」「チェンソーマン デンジcv岡本信彦 マキマさんcv坂本真綾と予想」などとキャスト予想する声があがり、ツイッターではアニメ僕のヒーローアカデミア爆豪勝己役で知られる「岡本信彦」がトレンド入りしていた。

 『チェンソーマン』は、『週刊少年ジャンプ』で2018年12月より連載がスタートした同名漫画が原作。チェンソーの悪魔ポチタとともにデビルハンターとして暮らす少年・デンジ主人公で、親が残した借金返済のためド底辺の日々を送る中、デンジポチタと契約し、悪魔の心臓を持つ『チェンソーマン』として蘇り、世の悪魔を狩るダークヒーローアクション

 唐突に明かされる謎や衝撃の展開が話題を呼び、「このマンガがすごい!2021」オトコ編1位にランクインし、2020年12月14日発売の同誌にて第1部「公安編」が完結。2022年7月より第2部の連載がスタートしている。

アニメ『チェンソーマン』の新ビジュアル (C)藤本タツキ/集英社・MAPPA


(出典 news.nicovideo.jp)

【【話題】アニメ『チェンソーマン』8月にキャスト発表!ファンからは予想する声が続出!】の続きを読む


アニメ『クレヨンしんちゃん』に野原ひろしの兄・せましが初登場!

せましってwwwww

【元記事をコミックナタリーで読む】8月6日放送のTVアニメクレヨンしんちゃん」は「野原さんと物語~遅れてきたせましSP~」として放送。野原ひろしの実兄・野原せましアニメに初登場する。【大きな画像をもっと見る】1992年に放送を開始し、今年30周年を迎えたアニメクレヨンしんちゃん」。野原せましは原作の単行本24巻で初めて登場し、その後もたびたび活躍していたキャラクターだったが、アニメに登場するのは今回が初めてとなる。今回放送される「野原せまし登場!だゾ」では、どケチのせましが秋田県からヒッチハイクでしんのすけの家を訪問。自分のことを覚えていないしんのすけに「お前の本当のお父さんなんだよ」と冗談を飛ばし、みさえを困惑させる。果たしてせましが秋田からわざわざ埼玉にやってきた理由とは……。なおせましの声は細谷佳正が担当。「本当に嬉しいです!」と喜びをあらわにし、「『クレヨンしんちゃん』は今年で30周年。細谷佳正は今年で40周年。野原せましは40歳…運命を…感じざるを得ません(笑)!」とコメントを寄せた。

細谷佳正(野原せまし役)コメント

野原ひろしの兄・せまし役に決まった感想

本当に嬉しいです! 
子供の頃観ていた作品に、自分が出演できるというこの事件には、プロでありながらも半分視聴者というか、ファン心理に近いものを感じました。
クレヨンしんちゃん」は今年で30周年。
細谷佳正は今年で40周年。
野原せましは40歳…
運命を…感じざるを得ません(笑)! 
そうか…自分は…本当に…国民的アニメに出演できるのか…と。
アフレコ前日は緊張して8時間しか眠れませんでした。
とても幸せです!

アフレコの感想

とっても綺麗なスタジオで、一瞬「視力が上がったのかな?」と感じました。
月並みな言葉ですけど、全てが輝いて4Kみたいに見えました(笑)
「ここで『クレヨンしんちゃん』は作られてるんや…!」と。
アフレコはとても懐かしい感覚と、新鮮な落ち着きを感じました。
若い頃の、野心に溢れて現場に挑んだ自分がそこにはいたし「その状態は必ずしも良い結果を産むわけではない」とわかっている今の自分もいました。
それがとても感慨深く、幸せな時間でした。
TVアニメ「クレヨンしんちゃん」より。左が野原せまし。(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK


(出典 news.nicovideo.jp)

【アニメ『クレヨンしんちゃん』に野原ひろしの兄・せましが初登場!】の続きを読む

このページのトップヘ