漫画


敏腕だけど自己肯定感ゼロな王妃付き侍女を描く王宮ロマンス、コミカライズ1巻 | ニコニコニュース


【元記事をコミックナタリーで読む】

雉間ちまこ原作による青山克己「裏切られたので、王妃付き侍女にジョブチェンジ!」1巻が、本日1月15日に発売された。

【大きな画像をもっと見る】

マッグガーデンWebマンガサイト・MAGCOMIで連載中の同作は、雉間の小説を原作としたコミカライズ作品。物語は、子爵令嬢のマーシャが婚約者のラウルに浮気されたことからスタートする。婚約解消したいマーシャに対し、なぜか婚約継続を望むラウル。そこでマーシャは「私がその気になった時」まで婚約の継続を決める。それから10年後、25歳になったマーシャグラン王国宮廷の王妃・マイラ付きの筆頭侍女として腕を振るうものの、未だにラウルとの婚約状態は続いていた。そんな中、国王陛下のラインハルトから結婚することを求められて……。

発売を記念して、一部書店では購入特典を用意。アニメイトではメッセージシートとらのあなメロンブックス&フロマージュではイラストカード、こみらの!参加書店、マッグガーデン特約店、MAG Garden Online Store、その他全国一部書店ではメッセージペーパー、Renta!ほか電子書店ではデジタルイラストデータが付属する。

「裏切られたので、王妃付き侍女にジョブチェンジ!」1巻


(出典 news.nicovideo.jp)

【【漫画】『裏切られたので、王妃付き侍女にジョブチェンジ!』をご紹介!】の続きを読む


使い魔になった女子高生と別世界から来たおじさん魔王のバディコメディ1巻 | ニコニコニュース


【元記事をコミックナタリーで読む】

藤井なお「魔王おじさんと契約生活はじめました」の1巻が、本日1月15日に発売された。

【大きな画像をもっと見る】

「魔王おじさんと契約生活はじめました」は、女子高生・佐倉りあんとおじさんの魔王が織りなすバディコメディ。ある日突然、りあんの前に別世界から移住しに来たという魔王が現れる。その強大な力により “魔の欠片”を引き寄せてしまう魔王は、それらを追い払ってくれる使い魔になるよう、りあんに契約を持ちかけたのだった。魔王の力を消費することで魔法が使えるようになると聞いたりおんは、軽率に使い魔となることを決める。単行本には描き下ろしマンガと描き下ろしイラストが収められた。同作はCOMICポラリスで連載中だ。

また1巻の発売を記念したTwitterキャンペーンが、2月28日まで実施されている。応募した人の中から抽選で3人に藤井の直筆ミニサイン色紙、2人に藤井のサイン入り複製原画、5人に藤井のサイン入り単行本をプレゼント。なお1巻購入特典としてこみらの!参加書店、三洋堂書店ではイラストカードアニメイト、喜久屋書店、TSUTAYAメロンブックス・フロマージュブックス、その他一部書店ではメッセージペーパーを配布している。

(c)藤井なお/COMICポラリス

「魔王おじさんと契約生活はじめました」1巻(帯付き)


(出典 news.nicovideo.jp)

【【漫画】『魔王おじさんと契約生活はじめました』をご紹介!】の続きを読む


「ギャルゲーマーに褒められたい」1巻、河西健吾&大橋彩香でボイスコミック化 | ニコニコニュース


【元記事をコミックナタリーで読む】

げしゅまろ「ギャルゲーマーに褒められたい」1巻が、本日1月8日に発売された。これを記念してYouTubeでは、主人公・笹木雷斗役を河西健吾ギャルゲーマーのヒロイン・鈴木莉音役を大橋彩香が演じるボイスコミックが公開されている。

【大きな画像をもっと見る】

ギャルゲーマーに褒められたい」は、ゲームが上手になりたい高校生男子・笹木雷斗がプロゲーマーに指導を依頼すると、同年代のギャル・鈴木莉音がコーチとしてやって来たことから始まるラブコメディ。見た目はギャルだが腕は確かな彼女のプレイに笹木は感動するが、スキンシップ多めなレッスンにドキドキしてしまいゲームに集中できない。そんな状況でもゲームを上手になりたいと笹木が熱意を燃やす様子と、彼のがんばりをねぎらう褒め上手なギャルのやり取りが描かれる。同作はKADOKAWAWebマンガサイト・コミックNewtypeで連載中。

1巻発売とボイスコミック化を祝して、キャストサインとげしゅまろの描き下ろしイラストが入った色紙が抽選で6人に当たるプレゼント企画も開催。詳細はコミックNewtypeの公式Twitterアカウントで確認を。

「ギャルゲーマーに褒められたい」1巻


(出典 news.nicovideo.jp)

【【漫画】『ギャルゲーマーに褒められたい』をご紹介!】の続きを読む


芸人の舞台裏がテーマの漫画「“苦しい”だけを見てほしいわけじゃない」と語る作者が描きたいもの | ニコニコニュース


ヤングアニマルZERO」(白泉社)で連載中の「ニラメッコ」(※最新2巻1月28日発売)は、ギャグ漫画「うらみちお兄さん」でも人気の漫画家・久世岳さんが描く、お笑い芸人テーマにした作品。1話はSNSで発表され、シェアハウスで暮らす5人のお笑い芸人たちが、もがきながらも売れるべく奮闘する姿に大反響が起こった。

【漫画】本編を読む

作者である久世岳さんのインタビューは、キャラクターに関する話題やSNSを通じて思うことについて語ってもらった。

――本作「ニラメッコ」は最初にSNSで1話が公開され、大きな反響を呼んだそうですね。それこそ作中でもネットでの評価を目にするキャラクターたちの姿が描かれていますが、久世先生ご自身はエゴサーチされますか?

【久世岳】たまにしますね。基本的にSNSを使って宣伝や告知をしているので、Twitterのリプライとかはすべて目を通して、ありがたく受け取っていますし、検索もたまにします。最新話についてどう思っているか、どういうところに注目しているかという、私に向けたものではない作品へのフラットな発信は参考になるので、見るようにはしています。影響を受けすぎないように、しっかり張り付いて見るということはないですけど。

――市場調査のような形で活用されているんですね。

【久世岳】そうですね。雑誌ベースの作品なので、アプリコメント欄などでの反響もあまり見られないですし、アンケートはがきを送ってくださる方も少ない時代なので、貴重なコメントとしてありがたく見ていますね。

――印象的だったコメントや反応はありましたか?

【久世岳】作中に登場する劇場に対して、「ここ、∞(むげんだい)ホールだ」とか「なんばグランド花月や!」って分かってもらえるとうれしくなります。私もコロナ禍前は頻繁に劇場に行っていたので、そういう場のワクワクする気持ちを共有できている感じがしてうれしくなります。

――そんな劇場での姿の裏側にあたる、芸人さんが笑いを生み出すまでの苦しさを描きつつ、「苦しいだけを見てほしいわけじゃない」とお話されている記事を拝見したのですが、そのバランス感覚みたいなものは掴めてきましたか?

【久世岳】まだちょっといろいろと考えながらではあるんですけど、初めの頃よりは掴めてきていますね。

――そこに繋がってくるところもあるかもしれませんが、キャラクターの描写に関して大切にしていることがあればお伺いしたいです。

【久世岳】キャラクター同士が密接になりすぎないように、というのは意識して描いてるとこではあるんですけど、特に決め事というほどのことはないですね。設定をがっちり固めて動かしているわけではなく、展開によってキャラクターが動いていくものではあると思っているので、今後どんな動きをしていくか私もわからない部分はあります。

――五者五様といいますか、シェアハウスに住んでいる5人プラス「門真アミーゴ」のツッコミ・土井柴雄(どい・しばお)の相方で、シェアハウスでは暮らしていない須胡井宙太(すごいちゅうた)の6人3組、それぞれ個性が立っていますが、人気のキャラクターだったり、キャラクターに対する反響だったりはいかがですか?

【久世岳】この漫画ではお笑い芸人群像劇を描きたいと思っていますが、タイトルにもなっている水吉令(みなよし・りょう)と朝木和(あさきやまと)からなる「ニラメッコ」というコンビが一応、主役ではあります。でも、「潮来(いたこ)」というコンビが今圧倒的人気でして…そこはちょっと調整していきたいなとは思っています。

――金髪ロン毛で元バンドマンの来海小太朗(くるみこたろう)と、霊感があってミステリアスな雰囲気を持つ八潮侘助(やしお・わびすけ)のコンビですね。私もオタクなので、ビジュアル含め、オタク好みするキャラクターのような印象は受けます。

【久世岳】おいしいポジションではありますよね。

――ちなみに、「門真アミーゴ」は「うらみちお兄さん」にも登場しているんですよね。

【久世岳】須胡井宙太は、「うらみちお兄さん」に登場する“歌のお姉さん”の彼氏という設定があります。そういった作品を超えてリンクさせている部分や、細かい隠し要素も入れています。絶対気付かないだろうなっていうところに気付いてくださる読者の方もいて、すごく読み込んでもらっているんだなとよく思います。

――作品とSNSを通して、読者とキャッチボールをしているような関係性ができているのが素敵だなと思いました。

SNSで誹謗中傷を受けるリアルな展開も…


(出典 news.nicovideo.jp)

【【漫画】“芸人の舞台裏”をテーマにしたお話『ニラメッコ』をご紹介!】の続きを読む


「1年に一回しか遊ばないし…」 昔のゲーム機を処分 数年後の姿に共感の声が続々 | ニコニコニュース



年単位で各メーカーから発売される、携帯ゲーム機や据え置き型ゲーム機

あらゆるゲーム機をそろえることでたくさんのゲームソフトが遊べるため、ゲームが好きな人は複数のゲーム機を購入するでしょう。

しかし、一斉を風靡したゲーム機も、新しい物が発売されることで廃れていくもの。

2022年現在、友人や知らない人たちと協力したり対戦したりするオンライン型のゲームが流行っていることもあり、オンライン機能がない昔のゲーム機などに触る機会は次第に減るものでしょう。

年に一回しか遊ばないゲーム機を処分すると…

ゲーム機にまつわる作品を描き、Twitterに投稿したのは、福田ナオ絵(@fukku7010gmail1)さん。

読んだ人から共感の声が相次いで寄せられた、福田さんの実体験をご覧ください。ゲームが好きな人は、思わずうなずいてしまうかもしれません…。

「1年に一回しか遊ばない」と、古いゲーム機を処分した福田さんでしたが…数年後、捨てたゲーム機で遊びたくなってしまったのです!

たまにしか触れないゲーム機でも、ふとした瞬間に「触れたい」「遊びたい」という衝動に駆られるのは、ゲーマーあるあるなのかもしれません…。

フリマアプリを吟味する福田さんに、自分を重ねてしまった人は多いようです。

・分かる…。同じような衝動に駆られて、ゲーム機を2つほど買い直しました。

・いつでも遊べるという状況が実は大事ですよね。

・「いつか最新機種で遊べるだろう」と、ゲーム機ゲームソフトを手放して後悔しています…。

昔遊んだゲームを起動すると、「ここのボス、強くてなかなかクリアできなかったなあ」などと、当時を懐かしみながらプレイすることができるもの。

ゲームそのものを求めているのか、過去の記憶に触れたいのかは人それぞれですが、思い出の詰まったゲームは、手放さないのが吉だといえそうです!


[文・構成/grape編集部]

出典
@fukku7010gmail1


(出典 news.nicovideo.jp)

【【漫画】古いゲーム機は売った後にやりたくなる。】の続きを読む

このページのトップヘ