【漫画】『後宮の花は死んで前世を思い出したので自由に生きます』をご紹介!


【元記事をコミックナタリーで読む】三園七詩原作による街こまち「後宮の花は死んで前世を思い出したので自由に生きます」1巻が、本日9月20日に発売された。三園の同名小説をコミカライズした同作は、前世の記憶を思い出した末端の后妃候補・李王蘭を描く中華後宮ファンタジー。後宮の生活に絶望し自殺を図った王蘭は、自分が日本の女子大生だった前世の記憶を取り戻す。せっかくの第2の人生を自由に生きたい……そう意気込んだ矢先、王蘭は冤罪で投獄されてしまうが、そんな王蘭の前に謎の美青年が現れて……。同作はWebマンガサイト・くろふねピクシブで連載中。発売を記念し、一部書店では購入特典を用意。アニメイトではB6サイズビジュアルボードTSUTAYAと丸善ジュンク堂書店では描き下ろしマンガペーパーが配布される。
「後宮の花は死んで前世を思い出したので自由に生きます」1巻


(出典 news.nicovideo.jp)