Steamより『サマーセール』が本日から開催!

FF丁度買おうかと思ってたから嬉しい😊

 ゲーム配信プラットフォームのSteamを運営するValve6月24日(金)、多数のゲームが割引対象となる「Steamサマーセール」を開始した。期間は7月2日(土)の午前2時まで。 年間最大規模のセールイベントとして注目が集まる今回のSteamサマーセールでは、新作から旧作までを含む幅広いラインナップが展開。大型タイトルだけでなく、インディーゲームも通常より安いお得価格で購入できる。 対象作をいくつか抜粋すると以下のとおり。セールページにはほかにも数々のタイトルが並んでいるので、あわせてご覧いただきたい。
メタルギアソリッドシリーズ(最大90%オフ)
Half-Life
シリーズ(最大88%オフ)

バイオハザードシリーズ(最大87%オフ)
モンスターハンターシリーズ(最大84%オフ)
ストリートファイター
シリーズ(最大80%オフ)
バイオショックシリーズ(最大80%オフ)
龍が如くシリーズ(最大75%オフ)
Dead Spaceシリーズ(最大75%オフ)
Halo
シリーズ(最大75%オフ)
ファイナルファンタジー
シリーズ(最大60%オフ)
 またこれ以外にも、3月に発売されたばかりの東京を舞台にしたオープンワールド超常現象アクション『Ghostwire: Tokyo』50%オフの4389円(以下、すべて税込)、エーペックスレジェンズの開発スタジオRespawn Entertainmentが手がける巨大ロボットFPS『タイタンフォール2』84%オフの480円となっている。
Steamサマーセールが開始。『Ghostwire: Tokyo』『Slay the Spire』『OMORI』が最安値を更新_001
(画像はSteam『Ghostwire: Tokyo』より)
Steamサマーセールが開始。『Ghostwire: Tokyo』『Slay the Spire』『OMORI』が最安値を更新_002
(画像はSteam『タイタンフォール2』より)
 またインディー作品では、奥深いやり込みが楽しめるデッキ構築型ローグライク『Slay the Spire』66%オフの873円、現実と精神世界を行き来するひきこもりホラーRPG『OMORI』40%オフの1188といずれも最安値を更新した。『OMORI』のSteam版は日本語にも対応している
Steamサマーセールが開始。『Ghostwire: Tokyo』『Slay the Spire』『OMORI』が最安値を更新_003
(画像はSteam『Slay the Spire』より)
Steamサマーセールが開始。『Ghostwire: Tokyo』『Slay the Spire』『OMORI』が最安値を更新_004
(画像はSteam『OMORI』より)
 さらに、8月25日(木)に待望の日本語対応が告知されている多重人格刑事を主人公とした推理RPG『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』が最安値となる65%オフの1435円、たび重なる延期を経て4月に発売されたメタ要素満載の実験的アドベンチャーゲームの拡張版『The Stanley Parable: Ultra Deluxe』33%オフの1721円、壺に入った上裸男性を操作してハンマーで山登りに挑む“壺おじ”こと『Getting Over It with Bennett Foddy』70%オフの246円だ。
Steamサマーセールが開始。『Ghostwire: Tokyo』『Slay the Spire』『OMORI』が最安値を更新_005
(画像はSteam『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』より)
Steamサマーセールが開始。『Ghostwire: Tokyo』『Slay the Spire』『OMORI』が最安値を更新_006
(画像はSteam『The Stanley Parable: Ultra Deluxe』より)
Steamサマーセールが開始。『Ghostwire: Tokyo』『Slay the Spire』『OMORI』が最安値を更新_007
(画像はSteam『Getting Over It with Bennett Foddy』より)
 これ以外にも多数のゲームが値引きされるSteamサマーセールは、7月2日の午前2時までの期間限定開催。なお今回のサマーセールでは提示されたヒントから特定のタイトルを見つけ出す無料ミニゲームも展開されており、参加することでレベルアップ可能なバッジが入手できる。Steamサマーセールはこちら


(出典 news.nicovideo.jp)