【感動】ガンプラで優しい世界を作った結果.....(´;ω;`)

それでも戦わなくちゃいけないんだ。

 日本人はよく、正義が悪を倒す“勧善懲悪”好きと言われるが、必ずしもそうはならないのが、ガンダムの世界。悲しい結末を迎えるストーリーもあり、すべてがハッピーエンドではない奥深い物語が魅力の一つになっている。昨年、そんなガンダムガンプラの世界を初めて知り、ハマったという、ふちゃん!さん(@_rqccc)は、『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に大きな衝撃を受け、敵対するザクII改アレックスを並べた作品を制作。「優しい世界」「泣いた」などの賞賛を集めた。一体どのような想いで本作を作り上げたのだろうか?

【写真】ザクII改、アレックスともに“戦い”の痕跡が…ソロ写真で見る、ふちゃん!さんの細かく丁寧なウェザリング

■『ポケットの中の戦争最終話を観て「こうなっていたら」の制作を決意

――ガンダムガンプラの楽しさに目覚めたのは昨年と伺いました。

【ふちゃん!】そうですね。たまたま機会があって、昨年、初めてアニメガンダムを見ました。それがきっかけでガンプラにも興味を持って。時代順にアニメを見ていき、好きな機体があれば作る、を繰り返しています。

――すっかり、ガンダムファンですね。さて、SNSで発表されたザクII改アレックスを並べた作品が、7000件を超えるいいねを獲得し、話題となりました。2機のモビルスーツ(MS)から、ガンダム作品の中でも異色の、小学生・アルを主人公とした『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』をイメージされたと思うのですが、本作を作ろうと思った理由を教えてください。

【ふちゃん!】『ポケットの中の戦争』は、正直、観ていてつらくなる作品でした。といっても、最終話までは割とニコニコして観ていられました。主人公のアルが無邪気でかわいくて、怖いもの知らずな感じ。それを守ってあげようとする優しいバーニィがいて、同じく優しくしてくれるクリスもいて。それが、知らないまま戦って、あんな結果になって…。

――登場人物の発言、行動は、まるでボタンを掛け違うかのように少しずつズレていきます。その結果、アルの声が届くことなく、アレックスに搭乗したクリスは、ザクII改バーニィが搭乗していることを知らずに戦い、ザクII改は爆散。アレックスも傷を負うという、悲しい結末を迎えてしまいます。

【ふちゃん!】「アルの『バーニィ!もう戦わなくていいんだ!!』という声がもし届いていたら」とか、「もう少し早くわかっていれば」とか、どうしても考えてしまい…。なので、最終話を見た時から、《私は、ザクII改アレックスは絶対仲良く並べてあげよう》と決めていました。

――悲しい気持ちを抑えて、制作されたんですね。

【ふちゃん!】「こうなっていたらなあ」…と思うことしかなく、2機を並べて撮影しました。「パイロットが誰だか知らなくても、戦争がなければ、戦争が終われば、もしかしたらこうなってたかもしれないのかな?」と想像して制作しました。

■どちらかが武器を捨てなければ、こんな風に隣に寄り添うことは出来ない

――よく見ると、ザクII改アレックス共に戦いの後と思われる痕跡もみられますね。

【ふちゃん!】戦いの痕跡があるのは、もしあの戦いの場で、アルの声がどちらにも届いていたら、こうなっていたかもしれないなと思って制作したからです。

――2機とも武器を持たず、ザクII改は花を持っていることが本作の大きな特徴と言えます。

【ふちゃん!】どちらかが花を持っていても、どちらかが武器を捨てなければ、こんな風に隣に寄り添うことは出来ないと思います。なので私はどちらにも武器を持たせず、ザク(バーニィ)には花を持たせました。

――SNSの投稿には、「バーニィ、もう戦わなくていいんだよ」というつぶやきが添えられました。アルの魂の叫びと同じセリフですが、どこか優しさをまとった諭すような言い方のこのメッセージにはどのような想いを込めたのでしょうか?

【ふちゃん!】もし私がアルなら、「戦わなくていい」と叫んでも届かずに、大好きなバーニィが死んでしまったら、きっとすごく落ち込むと思います。「戦争だからどうにもできなかった」では、アルがあまりにもかわいそうで…。なので「アルの声が届いたよ、ありがとう大丈夫だったよ」の気持ちで「バーニィ、もう戦わなくていいんだよ」というアルのセリフをそのまま使いました。

――これらの想いが伝わったのか、本作を見た人たちからは、「泣いた」「優しい世界」「こうなってほしい」など、多くの感動の声が寄せられました。

【ふちゃん!】「感動の声」が予想以上に多く私も驚きました。正直、「『結末はこうじゃないよ』と批判の声も来るのかな?」と思っていたので。「こうなって欲しかった」と願う人たちが多くて、うれしくなりました。主人公小学生ということもあり、残酷すぎる結末はもう変えられないけど、「もしもこうだったら…」と想像するのは自由だろうと思い、平和で優しい世界を想像しながら作ったので、伝わってよかったです。

――上記の感想のなかには、現在世界で行われている“戦争”への想いも込められているような気がします。

【ふちゃん!】私は、今起きている戦争について、詳しく知っているわけではありません。ですが、テレビニュースネットニュースで、犠牲者が増えた報道や、過激な映像が流れたりすると悲しくなります。戦争は本当にあってはならないものだと思います。

――本作を観て、さまざまな想いが去来した人が多かったからこそ、これだけの反響があったんだと思います。では、最後にふちゃん!さんにとって「ガンプラ」とは?

【ふちゃん!】いろいろなことを考えさせてくれる、大好きな趣味です。
RX-78NT-1 ガンダムNT-1 アレックス(左)とザクII改(右) 制作・画像提供/ふちゃん!氏 (C)創通・サンライズ


(出典 news.nicovideo.jp)

seath

seath

…安っぽい感傷に浸るのは嫌いだし私以外の誰も口にしないだろうから言いますけど、中立コロニーのリボーに秘密裏に連邦の最新鋭機を持ち込んだ挙げ句機密情報がジオンにダダ漏れで非交戦地域で戦闘が起こってる時点で擁護できないんですよ。それが戦争の過酷さで中立地帯などこの世に存在しないというのなら、そもそもリボーの住民がお気楽すぎる。あんな泣き落としに引っかかるとは…。

butasan

butasan

バーニー最後はアレと戦ってみたい!ってワクワクしちゃってたよね(^oo^)

2kg

2kg

小説版ではどうしてかは知らんけど、奇跡的に生きてるから。その後どうなるかは知らんけど

seath

seath

敵と味方の仲良しこよしは、クリスマス休戦がモチーフでしょう。クリスマス休戦のあとはプレゼントを交換したりサッカーを楽しんだりした者同士が普通に殺し合いしてますからね。このアレックスとザクも明日にはまた殺し合ってるんでしょう。それが劇中ラストの「アル泣くなよ…戦争はまた始まるって!」ってセリフに込められてるんです。

age-s

age-s

まあなんというか、当たり前だけど近代以降の戦争観だなと

セレナへ向かえ

セレナへ向かえ

その直前に死んだサイクロプス隊とスカーレット隊の立場は

蒼志

蒼志

野暮なこと言うけど、戦争が無ければそもそもクリスとバーニィ出会ってないと思うが。

じゅういちがつ

じゅういちがつ

アレックスが天パに渡ってたらジオン兵の屍が更に量産されていただろうししかないね。