【勇者】伝説級の作品『ファイナルソード』が遂にPS Storeで登場wwwww

特に何も変わってなかった😇

 5月19日、HUPGamesのアクションRPGファイナルソード」の配信が「PlayStation Store」で始まりました。元々は2019年スマホアプリとして配信された今作ですが、2020年Nintendo Switchに移植されて以来、2度目の移植となります。 【その他の画像】  このファイナルソードというゲームNintendo Switchに移植された際に独特のチープなグラフィックや攻撃の当たり判定の適当さなど、諸々のクオリティーの低さに加え、一部楽曲の無断使用疑惑もあって配信開始からわずか4日で配信を停止。当時はかなり話題になりました(21年1月に復活)。  そんな問題作PlayStation版が出るとあって19日は早速「ファイナルソード」がTwitterトレンド入り。ボクも商品ページをチェックし、そして度肝を抜かれました。  対応機種はまさかのPS5のみ。スクリーンショットをみる限りグラフィックSwitch版と比べてかなりきれいになっているようですが、配信前にあった「3D立体視ゲーム」という表記は消えています。  ボクはSwitch版をプレイ済みで、当時は当たり判定の適当さと操作性の悪さ、そして後半になるにつれて難易度が跳ね上がるゲームバランスの悪さに何度も心を折られました。例えるなら「理不尽なエルデンリング」です。  一方でテクニックレベル上げである程度は対処でき、変にやりごたえもありました。真剣に作られているのに、ただただクオリティーが低い正統派クソゲーです。   PS5版は一体どうなのか。価格は1870円と手頃なので、この機会にカルト的な人気を誇るゲームを触ってみたいと思った人も多いかもしれません。ボクはというと……4コママンガで確認してください。 ●著者紹介:サダタロー 1998年テレビ番組「トロイの木馬」出演をきっかけに漫画家デビュー。代表作は「ハダカ侍」(講談社、全6巻)、「ルパンチック」(双葉社、1巻)、「コミックくまモン」(朝日新聞出版、既刊7冊)など。現在、熊本日日新聞他で4コマ漫画くまモン」を連載中。Pixivsadataro、Twitterは@sadafrecce。 ●連載:サダタローのゆるっと4コマ劇場 漫画家のサダタローさんが、世界初の電脳編集者「リモたん」と一緒に話題のアレコレについてゆる~く語る4コマまんが新連載。たぶん週末に掲載します。連載一覧はこちら。過去の連載はこちらからどうぞ。


(出典 news.nicovideo.jp)

ダンナ

ダンナ

グラが良くなった「だけ」で、その他はswitch版のままだと買う必要ないわな・・その前にPS5が手に入らない問題はどうすればいいんですかね?