【非難殺到】男性さん、恋人に“〇〇”の場所でプロポーズしてしまう.....

場所を考えようや(´・ω・`)

ドラマティックなプロポーズで恋人を喜ばせようとする人も多いだろうが、時と場所を考えないと周囲から叩かれてしまうようだ。南アフリカ在住の男性が選んだプロポーズシチュエーションは、なんと恋人の父親の葬式中だった。その様子がTikTokで公開されると非難の声が殺到した。『TimesLIVE』などが伝えている。

南アフリカのリンポポ州で行われた葬儀でプロポーズをした男性の動画が5月3日TikTokに投稿された。故人を見送る惜別の儀式が粛々と行われている中、父の棺を前にカウチに座り悲しみに暮れる故人の娘とその前でひざまずきマイクで話している男性が映っている。男性がプロポーズの言葉を発した時、後ろにいた参列者から驚きの声があがった。その後、女性は涙を流しながらも男性に手を添え、指輪がはめられるところで動画が終わったため、女性がプロポーズを受け入れたのかどうかは分かっていない。 この男性は葬儀を執り行っていた牧師で、恋人の傷ついた心を癒すために結婚を申し込むことにしたという。報道によると、男性はスピーチの中で父親を亡くすという困難な時期を経験している恋人の人生に(神が)存在してくれることを神に感謝していたそうだ。また今回のプロポーズが、彼女が父親の死を受け入れる助けになることを願っていると述べたとのことだ。 この動画が投稿されると、以下のような非難の声が続出した。 「女性が父を亡くしてまともに考えられない時に、感情的な状況を利用した。」
「深い痛みを抱えている人にプロポーズするのは無礼だ。」
「私が同じ状況になったら、墓穴を掘るシャベルで男を殴るわ。」
誕生日や出産など他のイベントに合わせてプロポーズする人って大嫌い。」
「彼は葬儀が過ぎるのを待つべきだった。こんなに深い痛みの中にいる時にどうやって喜べばいいんだ。」 男性は牧師としての仕事に専念するべきだったようだ。 画像は『M.Mojela 2022年5月3日TikTok』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)

seath

seath

諸星大二郎とか読んでると葬儀の日に誕生の日を迎えたという符号的意味になるのかなと。我々にとっては不吉で忌むべき葬儀だけど彼らにとっては新しい出発でもある。アイヌの伝統には長生きしたお年寄りの着ていた服で作った産着で赤ん坊を育てると健康で長生きするという風習がある。これはフレイザーの編んだ『金枝篇』でいえば接触魔術に類される。死を生の符号で打ち消す意味がある。

seath

seath

たとえばメキシコでは突然の死が日常でいたるところに骸骨のモチーフがある。これは不気味で縁起が悪いとも死を恐れない果敢さともとれる。キリスト教のイコンでは十字架に架けられたイエスから流れる血が地中に埋もれたアダムの頭蓋に注がれる構図がある。これは犠牲によって原罪が贖われるという意味を表している。生と死を区別するようになった我々が文明の毒に汚染されてるのかもね。

seath

seath

仏滅とか友引とか縁起を担ぐようになったのは縁起が悪いことを遠ざけるという不浄の概念があって、細菌学や消毒の概念が発達するまでそれが我々を守っていたのも事実。でも、彼らにとっては死を生の概念で打ち消す、−に+を掛けて打ち消す意味がある。ボサノヴァの沈鬱で悲痛なメロディの裏に、躍動感溢れる生命のリズムがある。生と死は本来不可分で同義的なもの…なのかもね。