NINTENDO64コントローラーのコード、どう巻いてた? 「クロス巻き派」「巻かない派」などの派閥が大乱闘 | ニコニコニュース



 NINTENDO64コントローラーコードを、どうまとめていたか? そんな思い出を呼び起こすツイートが、さまざまな意見でにぎわっています。

【画像】あなたは何派? 4種の巻き方

 任天堂1996年に発売したゲーム機NINTENDO64コントローラーは、グリップが3本付いた熊手のような形が大きな特徴。コードは筐体上部の真ん中から伸びています。友だちの家で対戦しようと、コントローラー持参で遊びにいくとき、コードを巻いてコンパクトにまとめていた人も多いのではないでしょうか。

 投稿者の鯛茶アルテミスさんは、コードの巻き方を4パターン提示。グリップの間へ巻き付ける「片側巻き」は「没個性的ではあるが大変理にかなっている。良くも悪くも普通の大人になっていることが多い」、中央で交差するよう巻く「クロス巻き」は「今もなおゲームガチ勢なことが多い」など、独断と偏見による性格診断を添えて紹介しました。

 ツイートは「クロス巻きでしたし、今もゲームガチ勢です」「斜めに巻いていたらスティックに干渉してダメになった」など、さまざまな反応を呼びました。「断線しないよう、コードの根元付近にゆとりを持たせてから巻いていた」といった声も目立ちます。

 紹介された4パターン以外にも、「巻かずに束ねていた」「取り付けた振動パックに巻き付けた」といった流派が現れ、スレッドは盛況。ちなみに、鯛茶アルテミスさんがアンケートをとったところ、クロス巻きが45.1%で首位となっています。

画像提供:鯛茶アルテミスさん

「64コントローラーの巻き方」反応まとめ

この4つ以外に「巻かずに束ねる」といったやり方もありますが、みなさんどうでした?


(出典 news.nicovideo.jp)