実写版『カウボーイビバップ』の日本語吹き替えキャストが発表。山寺宏一さん、若本規夫さん、林原めぐみさんなど原作アニメ版に準拠したものに | ニコニコニュース


2000年7月15日発行 発行:角川書店 SUNRISE ART WORKS カウボーイビバップ TVシリーズ 2001年9月1日発行 ブッキング(ISBN 4-8354-4024-2) TV版の設定資料集。 メイキング・オブ・カウボーイビバップ レックレス・プレイヤーズ 1999年9月30日発行 メディアファクトリー(ISBN
104キロバイト (14,680 語) - 2021年6月2日 (水) 09:44



 Netflixは、実写版『カウボーイビバップ』の日本語吹き替えキャストを発表した。スパイク役に山寺宏一さん、ビシャス役に若本規夫さん、フェイ役に林原めぐみさんをはじめ、ほぼアニメに準拠したキャストが発表されている。

 実写版『カウボーイビバップ』は、11月19日に配信開始が予定されている。

(画像はTwitterより)

発表されたキャストは以下のとおり。

スパイク・スピーゲル/山寺宏一さん
■ビシャス/若本規夫さん
■フェイ・ヴァレンタイン林原めぐみさん
ジュリア高島雅羅さん
ジェットブラック楠大典さん
パンチ垂木勉さん
■ジュディ/長沢美樹さん
テディボマー土師孝也さん
グレン堀内賢雄さん
■マオ/磯辺万沙子さん
■シン/朴璐美さん
■リン/緑川光さん

 実写版『カウボーイビバップ』は、1998年に放送したアニメカウボーイビバップ』を実写化した作品。

 実写版はスパイクを『search/サーチ』のジョンチョーさんジェットを『Marvel ルーク・ケイジ』のムスタファ・シャキールさん、フェイを『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のダニエラ・ピネダさんが演じていることが明らかになっている。

(画像はYouTube「『カウボーイビバップ』オープニングクレジット映像 – Netflix」より)
(画像はYouTube「『カウボーイビバップ』オープニングクレジット映像 – Netflix」より)
(画像はYouTube「『カウボーイビバップ』オープニングクレジット映像 – Netflix」より)

 今回、発表された日本語吹き替えキャストはほぼアニメ版を踏襲した形になっている。なおジェットブラック2018年に逝去された石塚運昇さんに変わって、楠大典さんが務めることとなった。

 しばしば原作と実写版が違うキャスティングがされることがあるが、アニメ版が準拠することとなり、ファンは一安心といえそうだ。

 主人公スパイクを演じる山寺宏一さんも、自身Twitterにて「実写版「カウボーイビバップ」でスパイクの声を担当する事になりました また演じられる日が来るとは…😭😭😭 我が家の特大フィギュア達も喜んでます」と、フィギュアつきの画像で喜びのコメントを出している。

 実写版『カウボーイビバップ』は、11月19日Netflixにて配信予定だ。

Netflix『カウボーイビバップ』はこちら


(出典 news.nicovideo.jp)