アイドルオタクを隠していた男、部屋を見た彼女の一言でキレちゃった顛末 | ニコニコニュース


 仕事、恋愛、趣味……人生で何を優先するかは人それぞれ。譲れないこだわりを持つのも大切ではありますが、うまく折り合いをつけることができなければ、人間関係がこじれるきっかけになってしまいます。


夫婦喧嘩
画像はイメージです(以下同じ)

上京してメイド喫茶にハマる

「せっかく人生で初めてできた彼女に、今考えれば酷い言い方をしてしまったんです。後悔しています」

 そう語るのは、木村大地さん(仮名・31歳)北海道から22歳の時に就職のため上京して9年。仕事は順調でしたが、彼には超オタクという顔があったのです……。

「東京に出てきて、『とにかく仕事を頑張ろう!』と過ごしてきたのでなかなか彼女ができませんでした。それもあってか、仕事のストレス発散という名目でテレビで見た秋葉原メイド喫茶によく行くようになったんです」

 そんな木村さん、すごい勢いでメイド喫茶にハマっていたのだそう。

メイド喫茶にいる子達は優しいけど、何かしらのオタクが多いんですよ。なので、話を合わせるために自分も色々勉強しなきゃ会話ができないというのもありました。そして、ネットでの情報収集はもちろん、『まんだらけ』とかに入り浸るようになったんです」

部屋には戦利品が所狭しと並ぶように

アイドル

 そして次第にオタ度はエスカレートしていった木村さん、9年経つとすごいレベルにまでなっていました。

メイド喫茶から徐々に地下アイドルに関心が移り、毎週ライブに参戦するようになりました。現場で同じ趣味を持った友人もでき、彼らと情報交換していくうちにディープな世界に誘われてしまい……。

 部屋はアイドルカレンダーと生写真、あとは特注の美少女フィギュアも10体以上が所狭しと並んでいました。癒されるんですよね、仕事から帰ってきてそれらを並べ替えたり、写真を撮ったりするだけで」

 そんな木村さんに彼女ができることになったきっかけは合コンだったそうです。

「密かに僕のことを心配していた同僚が開いてくれたんです。会ではよそ行きの自分を演じたこともあって、女性陣の反応は上々だったはず。特に話が盛り上がった1人と、とんとん拍子にデートを重ね、付き合うことになったんです」

オタクなのがバレてしまうのが怖い

カップル

 突然できた人生で最初の彼女。木村さんはどうやって愛を育んでいったのでしょうか。

デートは逆に秋葉原とか中野とかは避けていました。正直、女性に対してどうしていいのかわからなかったし、オタクなのがバレてしまうのが怖くて遊園地映画館とか、いわゆる普通の若者っぽい感じです。

 初めての彼女で舞い上がってしまっていたのと、この子とは運命だと思っていましたので、結婚も意識するようになっていました。今考えると付き合ってまだ半年くらいなのに……。そして、そんなある日、彼女が『大地さんの家に行ってみたい』と言ったんです」

思い切って本当の自分を曝け出すことに

オタク

「きっともしかすると彼女も結婚を意識していたのかもしれませんし、もっと深い仲を望んでくれていたのかもしれません。でも、家の中はまだアイドルグッズで埋まっていましたので悩みました」

 しかし、木村さんは、「このチャンスを逃したくない!」と考え、理解してくれるだろうという方向に賭けをすることにしたのだそうです

「ここでもし断ったら逆に何かおかしいとか思われてしまう気がしましたので、思いきって自分の趣味も理解してもらおう、なんなら、これをきっかけにオタ趣味もやめようか、とも考えていました」

 そして訪れた運命の刻……。

「マンションの前に着いたとき、彼女は本当に嬉しそうでした。僕は色々な意味での緊張でそれどころではなかったのですが……。そして、部屋の電気をつけ、彼女が部屋の中を見渡した瞬間、10秒くらい固まっていましたね……

心ない一言につい感情的になる

喧嘩 暴力

 ついに彼女に隠していた(言ってこなかった)趣味を知られてしまった木村さん。

部屋を見て、小さく言ったんです『キモっ』って。今でもその言葉が脳裏に染み付いています。そして、『これ本当に大地くんの部屋なの?』と混乱もしているようでした。

 続けて、彼女は、『ちょっと私無理かもしれない』と。その時テンパってしまったのと、好きなものに対してそういう風に言われて悔しかったのも多分あって、『何が悪い』と、つい大きめの声で言ってしまったんです

 割と強めの言葉にビクっとして、彼女は泣き出してしまいました。でも何も言えなかった。それから数十秒でしょうか、数分でしたでしょうか? 彼女は部屋を飛び出して、帰って行きました。僕は後を追うこともできなかった……」

徐々に慣らしていけばよかったと後悔

 木村さんの初めての大恋愛はここで終わってしまった。

「数分してからハッと気がついて、LINEをしたのですが、すでにブロックされているのか繋がりませんでした。あまりしつこいのもダメかと思って、数日こちらからは何も連絡しませんでした。が、1週間くらいして、返事が急に来て、『ごめん、さよなら。もう連絡しないでください』と……」

 今考えればお付き合いをする前、もしくは付き合ってすぐにオタ趣味を辞めるか、一緒にそれを楽しめるくらいの会話を徐々にしていけば良かったのかもしれませんオタク文化への理解は寛容になっているとはいえ、それを隠してしまった僕に彼女はガッカリしてしまったんでしょうね」

 人間には色々な趣味嗜好があります。もちろん何を好きになっても自由です。どうしてもやめられない、やめたくない趣味があるのだったら早めに相手に「徐々にその魅力」を伝えて理解してもらい、一緒に楽しめるようにするのが恋を成功させる大事な方法なのかもしれませんね。

<取材・文/小川満鈴 イラストパウロタスク(@paultaskart)>

【小川満鈴】

昭和のレトロ玩具の収集家(特にセーラームーングッズ日本一)でもあり、主に恋愛系、人間関係、芸能関係についてのジャンルを得意とするコラムニストでもある。多くの連載を抱え、本音をズバリを語る姿勢にも注目が集まっている



(出典 news.nicovideo.jp)

tyobi

tyobi

小林先生:まさかとは思いますが、この「彼女」とは、あなたの想像上の存在にすぎないのではないでしょうか。

nicouser

nicouser

「おまえもコレクションにしてやるニチャア」と微笑んで、場を和ませればよかったのになああ(白目)

EXA

EXA

まあ本気で付き合うことを考えてるんだったら、部屋片付けて趣味の割合も減らしていくべきだったわな。俺からしたらオタク趣味(特にアイドル等のリアル方面)に夢中になってる状態なのに彼女作りたくなる思考が理解できないけど。

AOKI

AOKI

地下アイドルのフィギュアなんて存在しないのに、何のフィギュアを10体も並べていたの?もしかしてそのドルオタはラブライバーとかいうのでは?

nao

nao

徐々に慣らしても無駄だよ思うが、ところで「美少女フィギュアも10体以上が所狭しと並んでいました」?10体程度では所狭しにもならんと思うけど?

ゲスト

ゲスト

自分から中傷を口にしたうえで、中傷でもない言葉を言われて泣き出すって。次はなぜか悩んで吐くんだろ。

vulvul

vulvul

俺もこういうふうに、自分の何が異常なのかまるで理解してないまま人に見せちゃうことあったな。もっとずっと早い中学くらいのころだけど

okaka

okaka

この、、そんなの存在しなさそう感すごいある せめてこう・・フィギュアと地下アイドルの組み合わせとかおかしくないかなとか・・・

高田健志

高田健志

趣味の一つくらいで、理解できなくて、許容もできないなら、本当にその程度だったと思うしか無いね。まぁ、相手も許容できる物とできないものの一つや二つあるものだしな。たまたまそれが重なっただけだ。双方、自分にあった相手が見つかると良いね。

カルル

カルル

大胆なイコノクラスムはまんさんの特権

_:(´`」 ∠):

_:(´`」 ∠):

オレもフィギュアは持っていないが、コソコソとユウチュウブでラブライブ観ているけどな。下手な邦画より、ストーリーが上手く出来ていると感心しているんだけどな。いいんじゃないの?今の日本のアニメは、世界で認められたジャンルだからね。それが世界の評価だ。女も結果は結果と真摯に受け止めるべきだ。キモいという女も、鬼滅の刃とか?観るんだろ?二次元に負けた女の妬みだろ?

Lumen

Lumen

いやオタ隠して付き合ってたならそりゃそうなる。オタ趣味じゃないと思ってる彼氏の家に行ったはずのにグッズ並んでたらドン引きするわ…せめて小出しにして相手の反応見てからだろ、それなしで「彼女は運命の相手で自分の趣味は理解される」など妄想か幻想だ。女からすると「二次元も三次元も節操無しの女好き&精神的浮気&重度のオタかよ騙された」のコンボ状態だぞ

トド

トド

オタ趣味であることを一切彼女に伝えてなかったのなら当然の反応でしょ。以前より世間がオタクに寛容になったとはいえ、部屋にフィギュア複数体があったら引かれるわ。「プライズ取るの好きなんだよね」とか言ってればワンチャンあったかも知れんけど。何にせよ、お付き合いしたいと思うんなら趣味くらいは偽りなく伝えとけ。

ゲスト

ゲスト

嫁()だらけの部屋に彼女呼ぶのはさすがにどうかしてる。常識的に考えて彼女以外の女性の要素は徹底的に排除しておくものだ。自分は彼女の歴代想い人のフィギュアやポスターに囲まれながら初デートしたいか?しかも妬かれたら大声で威嚇とか話にならん。

にゃんころだよおおおおおおおお?

にゃんころだよおおおおおおおお?

経緯が既にキモい。自覚するぐらいキモい趣味って自分で思っといて、それ黙って付き合っていざそれを受け入れて貰おうとか。理解が無い人からすればストーカー予備軍ぐらいに思う人もいると思うぞ。それぐらいアイドルヲタクはキモい人種。

にゃんころだよおおおおおおおお?

にゃんころだよおおおおおおおお?

個人的にはやくみつる?だっけ。あの変態収集家みたいなやつの方が頭同化していると思うが、それに匹敵するぐらいアイドルヲタクは個人的にはキモいと思ってるわ。

ゲスト

ゲスト

※SPA

天野龍雅

天野龍雅

そういう反応示す人は徐々にだろうが同じ反応だよ。相手を間違ったとしか思えん。

ヒュウガ

ヒュウガ

うーん、他人の趣味に露骨な事言う子は賭け事以外で見たことないがなぁ。

わらびもち

わらびもち

本物に設定検証してもらったほうがいいな