『ONE PIECE』実写×アニメでショートドラマ化 監督は蜷川実花、出演は高良健吾ら | ニコニコニュース


 人気漫画『ONE PIECE』(ワンピース)の読者を主人公とした5本のショートドラマが、8月30日より特設サイトと同作の公式YouTubeチャンネルにて公開されることが22日、発表された。実写とアニメーションが織りなす映像作品『“WE ARE ONE.”』として、監督は蜷川実花が担当、高良健吾などのキャストが出演し、主題歌RADWIMPSの新曲に決定した。(※高良以外のキャストは後日発表)

【画像】映像の一部チラリ 期待高まる『ONE PIECE』ドラマの場面カット

 これは同作のコミックス100巻が9月3日に発売、、11月21日アニメ放映1000話を迎えることを記念して企画されたもの。集英社東映アニメーションの共同制作によるショートドラマとなっている。

 蜷川実花監督の演出による俳優陣が出演する美麗な実写パートと、東映アニメーション制作の新規アニメーションパートが交錯する、これまでに類のない構成となり、『ONE PIECE』の魅力を新たな視点と世界観で描く。物語の主人公は、『ONE PIECE』読者である4人の若者たちで、キャストには高良をはじめとする豪華キャストが勢ぞろいし、全5編のショートドラマで構成される。

 出演が決まり高良は「メインキャラクターの一人を演じさせいただくことになりました、高良健吾です。役は…まだ内緒ですが、自分の大好きなキャラクターモチーフにした役を演じさせてもらいました」と説明。

 作品への思い出も語り「自分が小学6年生のころに連載が始まった『ONE PIECE』。もともとジャンプは毎週買っていましたが、いまだにジャンプを毎週チェックするのは『ONE PIECE』があるからです。大袈裟ではなく『ONE PIECE』から学んだ生き方もあると思います」としみじみ。

 「現場では自分が思う『ONE PIECE』へのアツさを込めた芝居をしました。監督からは、もう少し抑えてと演出を受けました。もう少しやってと言われることはあっても、抑えてとはなかなか言われないタイプなので、想像以上にアツくなっていたのだと思います。それと、現場には担当編集者の方もいたので、自分なりの考察を独り言のようにつぶやきまくりましたが、さすがに答えられないですよね。大変困っていました。これからも毎週楽しみに読ませていただきます!」とあふれる愛を語った。

 1997年7月22日より『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートした同作は、伝説の海賊王ゴール・D・ロジャーが残した“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”をめぐる海洋冒険ロマン悪魔の実「ゴムゴムの実」を食べゴム人間となり、体がゴムのように伸びる特殊な能力を持った主人公の少年モンキー・D・ルフィが、仲間を集め海賊「麦わらの一味」を結成し、海賊王を目指す壮大なストーリー。全世界でのシリーズ累計発行部数が4億9000万部(国内4億部、海外9000万部以上)を突破、テレビアニメ1999年より放送、ハリウッドで実写ドラマ化企画が進行中の人気作品となっている。

『ONE PIECE』ショートドラマ公開へ


(出典 news.nicovideo.jp)