【独占】東出昌大 所属事務所を1月末で退所!三行半つきつけられ事実上の“クビ”…マネージャーもつけず独立へ

 事務所関係者によると本人は周囲に「独立するんだ」と公言しているものの、実際は三行半をつきつけられた「事実上の“クビ”」だという。  東出は2020年1月に女優・…
(出典:SmartFLASH)


こればっかりは仕方ないな。1人でがんばってくれや

【東出昌大さん、事務所を独立。】の続きを読む


勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは…… | ニコニコニュース



 遅ればせながらあけましておめでとうございます。当連載も無事2022年を迎えることができました。今年も「正月や 終了ゲーの一里塚 めでたくもあり めでたくもなし」の精神でまいりましょう。一里塚は正月とは限らないのですが。

【1位~70位のタイトルを一気に見る】

 正月と言いながら旧年中の話題を早速引っ張り出してきてしまうのですが、昨年末にテレビ朝日系で「テレビゲーム総選挙」という番組が放映されました。一昔前の懐かしアニメ番組のようになるのではないかと懸念していたのですが、1位が「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」だったり、「Minecraft」や「UNDERTALE」「Apex Legends」など今のゲームを感じさせるランキング項目にこれは大したものだと感心してしまいました。

 その後、番組を見終わった勢いで「サービス終了ゲームの投票を募ったら面白いのでは?」と思って手持ちの死亡ゲームリストからGoogleフォームを作成。公開してみたところ、なんと6700を超える投票をいただいてしまいました。拡散、投票いただいた方、ありがとうございました。大変興味深い結果が得られたこともあり、せっかくなので結果をこちらで発表させていただこうかという次第です。

 なお、投票できるタイトルは事前にこちらである程度選別していたのですが、うっかり「その他」欄を設けた結果、全体の約4分の1ほどが「その他」という結果に。リアルタイムで増加がすごいことになっていた分については慌てて項目を追加したりしています。また、Twitterでの投票収集である以上、リツイート先での多少の票の偏りは発生している可能性があります。その旨を御理解の上、結果をお楽しみください。

 それでは、本家同様70位から発表させていただければと思います。

カッコ内は運営していた期間

※同率20位と同率49位があったのを忘れてそのまま順位を付けてしまったため、実際は全部で72本あります

1月17日追記】記事掲載当初、「オンエア!」が48位と54位と2回入ってしまっていました。そのため一部項目と内容の修正を行っています

●70位~61位

・70位 なないろランガールズ(約1年)

・69位 リング☆ドリーム 女子プロレス大戦(約7年)

・68位 DAMPRINCE(約3年)

・67位 聖戦ケルベロス(約7年)

・66位 アイドル事変(約9カ月)

・65位 でみめん(約1年)

・64位 ときめきレストラン(約5年)

・63位 アイ★チュウ(約5年)

・62位 プリンセス・プリンシパル GAME OF MISSION(約1年)

・61位 武装神姫 バトルコミュニケーション(約6カ月)

 「なないろランガールズ」は「レースに出場するランガールというアンドロイド女の子を育てよう」というゲームで、設定だけ見るとちょっとウマ娘を連想してしまいます。「美しすぎるカードゲーム」が売り文句だった「聖戦ケルベロス」、EXILEとともに記憶している方も多いのではないでしょうか。

 2014年に発表されてアニメまでやってあっという間に畳んだ「アイドル事変」も忘れがたいですね。発表当初は政治を元ネタにした上で女の子のパラメータに右左があったいろいろなものを恐れないゲームでした。

●60位~51位

・60位 夕暮れバルキリーズ(約9か月)

・59位 アイドルコネクト-AsteriskLive-(約3カ月)

・58位 銀河英雄伝説タクティクス(約1年)

・57位 アイドリズム(約1年半)

・56位 パレットパレード(約1年半)

・55位 ららマジ( 2017/1/25~2020/6/3 約3年)

・54位 アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!(約4年)

・53位 オンエア!(約2年)

・52位 美少女競泳メドレーバトル(約5カ月)

・51位 ハイスクール・フリート 艦隊バトルピンチ!(約1年)

 このあたりで印象が強いのは「夕暮れバルキリーズ」です。現実と異世界を移動する女の子たちが戦うというゲームで、ガチャからは女の子たちに装備させる武器が出てくる作品。キャラクターやお話も面白かったのですが、カードゲー全盛時代にはいかんせん地味だったように思います。

 そして来ました「美少女競泳メドレーバトル」。「こんなにひどいゲームがあっていいのか」レベルの作品が意外とランクインしていない本アンケートの中でも悪い意味で破格の作品です。確か担当氏とやりとりするようになったきっかけがこの作品で、私がここでこんな原稿を書いてるのは多分このゲームのせいです。

 また、「アイドルマスター SideM」の音ゲーである「LIVE ON ST@GE!」については終了後に新しいリズムゲームが出るという珍しい展開をしています。

●50位~41位

・50位 ファンタジスタドール-ガールズロワイアル-(約1年9カ月)

・49位 荒野のコトブキ飛行隊 大空のテイクオフガールズ!(約1年半)

・49位 Wake Up, Girls ステージの天使(約1年)

・48位 姫雀鬼(24日)

・47位 真空管ドールズ(約1年半)

・46位 ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ(約1年半)

・45位 イドラ ファンタシースターサーガ(約3年)

・44位 テイルズ オブ キズナ(約2年半)

・43位 オルタナティブガールズ(約5年)

・42位 スクールガールストライカーズトゥインクルメロディーズ~(約1年)

・41位 ナイツオブグローリー(約3年)

 アニメコラボものが続く50位以上です。「ファンタジスタドール-ガールズロワイアル-」は、いろいろあった結果最後のごあいさつに私の名前が記載されていたりします。ゲームカードそろえゲームから抜け出そうとしていた意欲作でもありました。アニメともうちょっと連動しても良かったなとは思うのですが。

 「コトブキ飛行隊」はゲームクオリティーは大変良かったのですがいかんせん元ネタが……という印象がありました。「Wake Up, Girls」の方はこちらもかなり古いゲームなのですが、当時のブラウザゲーの常識を変えるようなSDキャラの動きや演出を見せてくれる作品でした。こちらもイマイチ評価されておらず大変残念です。

 そして49位に生まれたときから死んでいたボンクラ麻雀ゲー「姫雀鬼」がランクイン。こちらも瞬間風速での話題だったにしては結構がんばった結果だと思います。また、45位に入っている「イドラ」は1月12日終了。投票を募った時点ではまだサービス終了していなかったことをおわびいたします。

●40位~31位

・40位 はがねオーケストラ(約1年半)

・39位 交響性ミリオンアーサー(約1年半)

・38位 夢色キャスト(約3年)

・37位 戦国武将姫-MURAMASA-(約8年)

・36位 WAVE!!~波乗りボーイズ~(36日)

・35位 刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火(約4年)

・34位 バトルガール ハイスクール(約4年)

・33位 政剣マニフェスティア(約5年)

・32位 禍つヴァールハイト(約2年)

・31位 テラバトル(約5年)

 配信即メンテからの即サービス終了をキメた「WAVE!!~波乗りボーイズ~」がこの位置に。70位までの中では「姫雀鬼」に次いで2番目に寿命が短い案件となります。「こんなに低い位置なの!?」となった「戦国武将姫-MURAMASA-」もこのあたり。カード集めタイプの中ではトップクラスの絵の美しさ、シナリオや各イベントの面白さを誇っていた作品だと思うのですが、やはりいまいちマイナーだったのでしょうか。

●30位~21位

・30位 三国志パズル大戦(約3年)

・29位 叛逆性ミリオンアーサー(約10カ月)

・28位 戦国コレクション(約8年)

・27位 ラブプラス EVERY(約9カ月)

・26位 スーパーロボット大戦X-Ω(約5年)

・25位 プロジェクト東京ドールズ(約4年)

・24位 ポケモンコマスター(約3年)

・23位 俺タワー(約2年)

・22位 拡張少女系トライナリー(約1年)

・21位 スターオーシャン:アナムネシス(約4年)

 コナミゲームが続けて2本入っています。「戦国コレクション」はゲーム自体の面白さはそこまででもないのですが、アニメの面白さが大変印象的でした。「ソーシャルゲームキャラだけあってストーリーがない」を逆手に取って好き勝手やったアニメとして、「探検ドリランド」のアニメと双璧をなす傑作だと思っています。

 「ラブプラス EVERY」については昔「ラブプラスコレクション」というゲームがあってこちらも早々に畳んでしまったり、絵描きさんをプッシュした「風雲!なでしこコレクション」というゲームがこちらも早々にサービス終了したりしており、長く単体の女の子と付き合うゲームというのはスマホゲーには向いていないのだなあ、と思わされます。

●20位~11位

・20位 サンシャイン牧場(約7年)

・20位 かんぱに☆ガールズ(約6年)

・19位 ガールフレンド(♪)(約5年)

・18位 天華百剣 -斬-(約4年)

・17位 ときめきアイドル(約9カ月)

・16位 うたプリアイランド(約1年)

・15位 妖怪惑星クラリス(約2カ月)

・14位 拡散性ミリオンアーサー(約2年)

・13位 サクラ革命(約7カ月)

・12位 ユバの徽(約2年)

・11位 ダンキラ!!! -Boys, be DANCING!-(約1年)

 当連載で誕生から死亡までを取り上げた「ときめきアイドル」と「ダンキラ!!!」がともにこの位置。かなり高位にランクインしているのが印象的です。このあたりからそろそろ「みんなにこれだけ愛されていながらどうしてこんなことに」と思わされる作品も増えてきますね。

 逆に「妖怪惑星クラリス」や昨年のサービス終了で皆を驚かせた「サクラ革命」もこのあたりなのですが、悪い方向で話題になった作品の順位はこのあたりが限界のようで、次のベスト10にはこういう作品が入っていなかったのも印象的でした。そもそも、この70位内にそういう形でやゆされがちなゲームがほとんどなく、投票してくださった皆さまの善意に感謝する次第です。

●10位~1位

・10位 あんさんぶるガールズ!(約5年)

・9位 アイドルマスター ミリオンライブ!(約5年)

・8位 ワールドエンドヒーローズ(約1年)

・7位 一血卍傑-ONLINE-(約4年)

・6位 DREAM!ing(約2年)

・5位 ドリフェス!R(約2年)

・4位 KING OF PRISM プリズムラッシュ!LIVE(約3年)

・3位 ロード・トゥ・ドラゴン(約4年)

・2位 ディバインゲート(約5年)

・1位 バンドやろうぜ!(約2年)

 「バンドやろうぜ!」が1位なのは投票結果として完全に想定外でした。ファンの皆さまおめでとうございます。

 投票をはじめてしばらくは「ロード・トゥ・ドラゴン」と「ディバインゲート」の2トップ争いという感じでした。この2本はもともと終了後も盛り上がっていたプレイヤーが多かったゲームたちなので想定の範囲内だったのですが、まさか逆転されるとは思いませんでした。「バンドやろうぜ!」はゲームサービス終了後もコンテンツとしては継続して活動していた、というのが大きいかもしれません。他も女性向けゲームがほぼ半分を締めており、熱心なファンの皆さんの姿を確認できたように思います。

 全体を通してみると、女性向けゲームの強さを感じる投票だったように思います。実は最初の投票項目から女性向けゲームは一部省いていました。こういう形で取り上げると怒る人がいるのではと思ったからです。

 ですが、その他の項目に多く投票してくださる人たちを見て、「こういうものがあったことを知ってほしい」「私はまだ好き」という声もあるのかと思い直しました。次の機会があったら女性向け作品も候補に入れておきたいと考えています。女性向け作品といえば一時期「すぐサービス終了する」という話題がありましたが、そんなことがないというか終了時期はバラバラなのが今回の投票からもお分かりいただけると思います。

 女性向けに限らず「毎年サービス終了ゲームが増えている」という声もありますが、例えばここ数年のサービス終了本数は私のリストだと2018年235本、2019年277本、2020年253本、2021年に199本となっており、むしろ2021年は終了ゲーム自体減少傾向にあります。リリース自体が減っているのでは? という相関関係を調べなければ意味のない数字ではありますが。

 併せてサービス終了ゲームの終了時期を集計してみたのですが、「2年を超えると死亡率が劇的に下がる」傾向があります。また、半年以内に死亡するゲームは意外と少なく、サクラ革命のようなパターンは少数派ではあります。

 ここまでいろいろと集計してきましたが、モバクソゲーと言い出した時代からはや数年。この70本分でも当時やゆしていた「プレイしてすぐクソさが分かるポチポチゲー」的な作品はすっかり少数派になり、本格的なゲームが大半を占めています。ただ、この投票結果は昔のポチポチゲーが思い出の中に埋もれてしまったわけではなく、スマホゲームの世界が家庭用ゲームPCゲームに劣らない本格的な作品でないと勝負できない領域である何よりの証拠ではないでしょうか。次々とチャレンジャーが現れては消えていくこの世界。業界の発展と未来に今後も期待しつつ、せめて数多くのサービス終了ゲーが活動していたことを記録にとどめておきたいものです。

ライター:怪しい隣人】

出来の良くないソーシャルゲームを勝手に「モバクソゲー」と名付けて収集、記録、紹介しています。モバクソ死亡リスト500件を超えました。年々ソーシャルゲームが複雑になり、ダメさを判定するのに時間がかかるのが最近の悩みです。本業はインフラエンジニア。そのためソーシャルゲームの臨時メンテは祭り半分胃痛半分な気分です。

見事1位に輝いた「バンドやろうぜ!」


(出典 news.nicovideo.jp)

【勝手に『サービス終了ゲーム総選挙』をやった結果wwwww】の続きを読む


「このヒーラー、めんどくさい」2022年4月より放送決定!OP曲を使用した新PVが公開! 追加キャストも発表に! | ニコニコニュース



TVアニメ化が決定している「このヒーラー、めんどくさい」の放送時期が2022年4月に決定した。あわせて本作でカーラ役も務める大西亜玖璃さんが歌うオープニングテーマを使用した新PVが公開、追加キャストが発表となった。

【大きな画像をもっと見る】

丹念に発酵さんが送る「このヒーラー、めんどくさい」は、性根もダークダークエルフの娘・カーラと煽り耐性が高めな弱小冒険者・アルヴィン異世界ポンコツ冒険者コメディ作品。
ニコニコ静画において若年層を中心にカルト的な人気を誇り、原作コミックスは現在4巻まで発売中。

丹念に発酵原作の異世界ポンコツ冒険者コメディ「このヒーラー、めんどくさい」、TVアニメ化決定!!

2022年春アニメ一覧はこちら


今回、本作の放送時期が2022年4月に決定したことが発表され、あわせて本作でカーラ役も務める大西亜玖璃さんが歌うオープニングテーマを使用した新PVが公開された。

さらに、追加キャストとしてキノコオルテガイア)役に泊 明日菜さんが決定したことも発表された。

 

オープニングテーマ情報

 

 

■「このヒーラー、めんどくさいオープニングテーマ
ジェリーフィッシュな君へ」 大西亜玖璃
2022年4月13日(水)発売
初回限定盤】CD+DVD COZC-1879~80  2,090円(税込)
【通常盤】CD Only COCC-17969  1,430円(税込)

<CD収録内容>
・「ジェリーフィッシュな君へ」
作詞・作曲:俊龍 編曲:Sizuk
他、収録予定。

DVD収録内容>
ジェリーフィッシュな君へ」ミュージックビデオ+メイキング映像


オープニングテーマ曲を使用した新PVが公開!

 

 

■PV場面カット

 


追加キャスト発表!


キノコオルテガイア)
(CV:泊 明日菜
キノコ型の魔物。年齢は100歳前後。
自称愛されマスコット。食用にもなるらしい。
老若男女問わずに人間どもをジューリンしようとする凶悪なモンスターだが、割と常識人で面倒見もいい。
ある出来事をきっかけにアルヴィンとカーラの道連れとなる。

原作情報


第1~4巻 好評発売中! 

原作コミックス試し読み実施中!!
https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_MF00000230010000_68/

 

作品情報


■「このヒーラー、めんどくさい

<放送情報>
2022年4月放送予定


スタッフ
原作:丹念に発酵(月刊コミックフラッパー連載/KADOKAWA刊)
監督:中西伸彰
シリーズ構成・脚本:志茂文彦
キャラクターデザイン:菊永千里
オープニングテーマ:「ジェリーフィッシュな君へ」大西亜玖璃
アニメーション制作:寿門堂

キャスト
アルヴィン佐藤拓也 カーラ:大西亜玖璃
キノコオルテガイア):泊 明日菜

・公式サイト:https://kono-healer-anime.com/
・公式Twitter@kono_healer


(C)丹念に発酵/KADOKAWA/このヒーラー、めんどくさい製作委員会


>> 「このヒーラー、めんどくさい」2022年4月より放送決定!OP曲を使用した新PVが公開! 追加キャストも発表に! の元記事はこちら
「このヒーラー、めんどくさい」2022年4月より放送決定!OP曲を使用した新PVが公開! 追加キャストも発表に!


(出典 news.nicovideo.jp)

【TVアニメ『このヒーラー、めんどくさい』2022年4月から放送決定!】の続きを読む


候補は“変な女3人” ほれてしまった文通相手の正体を探し求める不思議な恋愛漫画にニヤニヤとワクワクが止まらない | ニコニコニュース



 メールチャットの普及ですっかり聞かなくなった、手紙でのやりとり「文通」。すぐに返事が来ないからこそ、手紙を待つ時間が逆に気持ちを高めてくれる……なんてこともあったりします。今回紹介する漫画は、この文通を巡る不思議な恋の物語。作者はハミタさんです。

【画像】漫画を読む

 主人公は、大学2年生の男の子・和久井。所属するサークルにも馴染めず、つまらない大学生活を送っていました。そんなある日、本が好きで図書館に通っていた和久井は、古い本に挟まった手紙を見つけます。差出人は「由香里」……。本好きの文通相手を求める「由香里」からの手紙をきっかけに、2人の文通がはじまりました。

 日々、「由香里」に対する想像を膨らませていた和久井。その気持ちは恋と呼べるまでに高まっていました。ところがある日、思わぬ事件が。手紙だけでは知りえない情報を、「由香里」が把握していたのです。和久井の推理では、文通相手は「大学の女性の知り合い、3人のうちの誰か1人」……。

 そしてその3人というのが、大層な個性派ぞろいなのです。バスケットボールサークルの先輩で、デリカシーというものが欠落している「朱鷺田アザミ」。暇さえあれば校内をジョギングしている変な奴、「平岸ケイ」。そして仏頂面で和久井にお金を請求してくる「雨野マイ」……。

 一体、「由香里」とは何者? その正体を確かめ愛の告白をするべく、和久井の犯人捜しがはじまります。この連載、まだ未完の状況ではありますが、続きは今後ハミタさんのアカウントで掲載予定だそうです。

 読者からは「ヤバい漫画に出会ってしまった...」「ハミタさん、また個性的な男と女の子たち誕生させたな…」「単行本化してくださいませんか!?」「えまってこれって続くの?続きが読みたい、、、」などなど称賛のコメントが寄せられています。

作品提供:ハミタさん

文通相手は誰?


(出典 news.nicovideo.jp)

【【漫画】“文通”が巡る恋物語。】の続きを読む



NO.10126851
「千と千尋」幻のエンディングは都市伝説 長年の噂に公式が回答

 日本テレビ系の「金曜ロードショー」で、2022年最初の放送作品となった「千と千尋の神隠し」。放送中、ジブリ公式Twitterでは、事前に寄せられた作品についての質問に対する回答がツイートされていました。

 その中には、ファンの間で長年語られてきた「作品には幻のその後の物語があり、限られた劇場で公開された」という噂についての回答も。結論から言えば「都市伝説」とのことで、公式に存在が否定されました。

 2021年12月27日、日本テレビ「金曜ロードショー」公式Twitterアカウントでは、次回2022年1月7日放送の「千と千尋の神隠し」に関する質問を受け付け、当日の放送時間にスタジオジブリ公式Twitterから回答がツイートされる、という企画を実施しました。

 そして迎えた放送当日。数多く寄せられた質問の中で、最初に選ばれた質問は「『千と千尋の神隠し』には幻のその後の物語があり、一部映画館でのみ上映されたという噂がありますが本当ですか?それともただの都市伝説でしょうか」というもの。

 これに対し、スタジオジブリは「都市伝説です」とキッパリ存在を否定。宮崎駿監督の言葉として「最初は千尋の家から始める予定だったんだよ。千尋の部屋が妖怪の通り道になっていて、お母さんと一緒に湯屋へいくって話。でもまどろっこしいからやめたんだよね。なのでそういう噂が流れているんだったら、面白いね!」と紹介しました。

最初の質問と回答(スクリーンショット)

 千尋の部屋から湯屋へ行く、というこの初期構想は、まるでC.S.ルイスの「ナルニア国物語」や、新井素子さんの「扉を開けて」のような物語の導入部になっていた可能性を示唆しています。これはこれで面白そうですが、確かにここから描くと本題に入るまでが長くなり、限られた時間で見せる映画ではテンポが悪くなっていたかもしれません。

 なぜ「幻のその後の物語(ネットでは「幻のエンディング」とも呼ばれています)」の噂ができたかは定かではありませんが、ネットで調べてみると少なくとも12年前にはあったようです。Yahoo!知恵袋には2010年時点で質問が投稿されています。さらに興味深いのが、ストーリーにばらつきはあるものの一人ではなく複数の方が目撃談をあげていること。

 このためまことしやかに長年ささやかれることとなりましたが、公式が今回キッパリ否定したことにより、この噂にはようやく決着がつくこととなりました。

 なお、このほかにも、キャラクターの由来やアフレコ時のエピソードなど、あまり知られることのなかった話が回答の中で語られました。スタジオジブリ公式Twitterには、一連の質問と回答が残されていますので、一読してから「千と千尋の神隠し」を見ると、また多くの発見があることと思います。

<出典・引用>
スタジオジブリ(@JP_GHIBLI)
あんく@金曜ロードショー公式(@kinro_ntv)

(咲村珠樹)

【日時】2022年01月16日 15:00
【提供】おたくま経済新聞

【『千と千尋』で噂されてた“幻のエンディング”にジブリ公式が解答「都市伝説です」】の続きを読む


堀江貴文氏、津波警報と北朝鮮ミサイルの違いを説明 「本当に危険な可能性が高いから」 | ニコニコニュース



ホリエモン

実業家の「ホリエモン」こと堀江貴文氏が16日、公式ツイッターを更新。トンガ付近で起きた火山噴火による津波へのコメントに返答した。


■「本当に危険な可能性が高いから」

堀江氏は、北朝鮮弾道ミサイルの発射を知らせるJアラートの批判的な意見を持っている。

そんな堀江氏に日本時間で15日午後にトンガ付近で起きた海底火山の噴火による津波の発生を受けて「堀江さん、警報をうるさいとかつぶやかないでね。ややこしくなるから」と要望が寄せられた。

堀江氏は寄せられた要望に「北朝鮮ミサイル関係とかはうるさいって言うけど、津波のは本当に危険な可能性が高いから言わないよ」とミサイル関係と津波の警報は別の問題だと説明した。


関連記事:宮迫博之、堀江貴文氏への直球質問に反響 「ひろゆきと仲悪いってホンマ?」

■ミサイル問題に持論

北朝鮮ミサイル問題に対し日本に間違って着弾した場合、政治的な問題に発展するため「北朝鮮は絶対着弾しないように実験していますから、警報は意味がないんですよ」と堀江氏。

また「当てないからって寸止め、素振りをされたらうざくないですか?」という疑問には、「そもそも報道したりアラートを出すから気になるわけで、出さなきゃ気にならない」と回答している。


■バズるかどうか?

堀江氏は「ロシアとか中国とか四六時中でやってるよそんなの」としたうえで、北朝鮮以外でのミサイル実験が日本で警戒アラートが出されず、報道にもならないことを指摘。

北朝鮮ミサイルが積極的に報道される理由を「なぜならバズらないから。北朝鮮嫌いな人多いからニュースになってるの」と反響があるから話題にするのだと持論で説明した。

・合わせて読みたい→堀江貴文氏、家を持たない理由を語る 「ホントうっとうしいんですよ」

(文/Sirabee 編集部・綾崎 かなめ

堀江貴文氏、津波警報と北朝鮮ミサイルの違いを説明 「本当に危険な可能性が高いから」


(出典 news.nicovideo.jp)

【堀江貴文さん「北朝鮮のミサイル関係とかはうるさいって言うけど、津波のは本当に危険な可能性が高いから言わないよ」】の続きを読む

このページのトップヘ