ライトノベル『転生王女と天才令嬢の魔法革命』23年TVアニメ化決定!


ぴえろ氏のライトノベル「転生王女と天才令嬢の魔法革命」(KADOKAWA刊)がテレビアニメ化され、2023年に放送されることが決定した。千本木彩花石見舞菜香の出演が決定しており、プロモーションビデオ第1弾とティザービジュアルが公開されている。 同作は、前世の記憶をもち、魔法で空を飛ぶことに憧れながらも、自身は生まれつき魔法が使えないため、怪しげな研究を繰り返すパレッティア王国王女のアニスフィア・ウィン・パレッティアが、文武両道の天才美少女ユフィリア・マゼンタとともに、未来を切り開いていく姿を描く「転生×天才」魔法ファンタジー。原作小説の最新第5巻は8月20日に発売される。「電撃マオウ」(KADOKAWA刊)ではコミカライズも連載中。 千本木が「誰かを笑顔にするために魔法を使う」という魔法使いを目指すが、数々の奇行からキテレツ王女呼ばわりされているアニスフィア役を担当。石見が、次期王妃として期待され、それに応えようと自らを厳しく律するも、アニスフィアの弟・アルガルド王子から婚約破棄を宣言されてしまう公爵令嬢のユフィリアを演じる。 PV第1弾には、突然婚約を破棄され悲嘆に暮れるユフィリアに、アニスフィアがその手を差し伸べる場面を収録。2人に加えて、アルガルド王子(キャスト未公開)の声も聞くことができる。ティザービジュアルにも、主人公2人の姿が描かれている。 監督には「あひるの空」の玉木慎吾を迎え、シリーズ構成を「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の原作者でもある渡航、キャラクターデザインを「アクションヒロイン チアフルーツ」の井出直美が担当する。アニメーション制作は「あひるの空」「異世界薬局」のディオメディアが行う。 以下にキャスト、玉木監督、原作者からのコメントイラストを掲載する。【千本木彩花(アニスフィア・ウィン・パレッティア役)】
このたびアニスフィアの声を担当させていただきます千本木彩花です!
現場ではとにかく自由にお芝居をさせてもらっていて、自分なりのアニスが演じられるように毎話向き合って収録させていただいています!!
もちろん渡先生節も炸裂しておりますよ(笑)!!
そんなところもこの作品の魅力だと思いますので、アニスユフィのことを楽しみに待っていてください!!【石見舞菜香(ユフィリア・マゼンタ役)】
ユフィリア役を演じさせていただきます石見舞菜香です。
しっかり者で真面目で不器用ユフィを、毎回たくさん考えながら演じております!!
コミカルシーンあり、グッとくるシーンあり、本当に魅力たっぷりな作品です! ぜひ楽しみにしていてください!【玉木慎吾(監督)】【鴉ぴえろ(原作)】
「転生王女と天才令嬢の魔法革命」がアニメ化です!
これも皆様の応援があったからです! 本当にありがとうございます!
アニスユフィが動いて、声がつくのだと思うと今から期待で胸がいっぱいです!
ファンの皆様にも楽しみにしていただければ幸いです!【きさらぎゆり(原作イラスト)】【南高春告(コミカライズ)】
ティザービジュアル (C)2023 鴉ぴえろ・きさらぎゆり/KADOKAWA/転天製作委員会


(出典 news.nicovideo.jp)

【ライトノベル『転生王女と天才令嬢の魔法革命』23年TVアニメ化決定!】の続きを読む


漫画家・真島ヒロ先生、自作ゲームを『Unreal Engine 5』での開発に挑戦!?


 講談社が運営するインディーゲーム開発者の支援プロジェクト「​講談社ゲームクリエイターズラボ」は9月27日(火)、RAVEFAIRY TAILで知られる漫画家真島ヒロ氏が最新のゲームエンジンUnreal Engine 5」で自作ゲームの開発にチャレンジする番組の第1回をYouTube上で公開した。 発表によると、第1回ではエピック ゲームジャパンサポートエンジニアである“おかず”こと岡田和也氏が講師として出演。自身のゲーム開発サークルぼっち猫」でアクションゲーム『双腕のソルダート』の開発も手がける岡田氏から、ゲーム制作の素材となる「アセット」の取得や基本的な操作など、Unreal Engine 5の基礎を真島氏が学んでいる。基礎的な部分から触れられているため、誰でも無料で始められる「Unreal Engine 5」でのゲームの作り方を視聴者も一緒に学べる内容だ。 今後の更新については講談社ゲームクリエイターズラボの公式Twitterアカウント@kodanshaGCL)から告知されるようなので、Unreal Engine 5でのゲーム制作や真島氏が製作するゲームに興味があれば次回以降もチェックしておくとよいだろう。
『FAIRY TAIL』の真島ヒロ氏が最新ゲームエンジンで自作ゲームの開発にチャレンジ_001
(画像はYouTube「【UE5】真島ヒロが3Dゲーム作りに挑戦!! #1 【講談社ゲームクリエイターズラボ】」より)
講談社ゲームクリエイターズラボの式サイトはこちら講談社ゲームクリエイターズラボ公式Twitterアカウント(@kodanshaGCL)はこちら真島ヒロ氏のYouTubeチャンネルはこちら真島ヒロ氏のTwitterアカウント(@hiro_mashima)はこちら
プレスリリースの全文は以下のとおり。

週刊少年マガジンにて『EDENS ZERO』連載中の真島ヒロ先生が、ゲーム開発に挑戦する新番組がスタート!

講談社ゲームクリエイターズラボは、漫画家真島ヒロ先生が、自作ゲームの開発にチャレンジする番組をYouTube公式ch上で開始しました。『RAVE』『FAIRY TAIL』という人気作を手がけてきた真島先生は現在も週刊少年マガジン講談社)にて『EDENS ZERO』を好評連載中。漫画界屈指のゲーム好きとしても知られ、今年3月には『EDENS ZERO』の自作ゲームレベッカと機械ノ洋館』を公開。大きな話題となりました。
第一弾の企画ではEpic Games Japanエピック ゲームジャパンの岡田さん(おかず(@pafuhana1213)さん / Twitter)が講師となって、Unreal Engine5を使っての3Dゲーム制作に挑戦します。
【UE5】真島ヒロが3Dゲーム作りに挑戦!! #1 【講談社ゲームクリエイターズラボ】 – YouTube

今後の更新については講談社ゲームクリエイターズラボ(@kodanshaGCL)/ Twitterにてお知らせします。

真島ヒロ先生公式Twitterhttps://twitter.com/hiro_mashima
真島ヒロ先生公式YouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCQLYbIvGWtClestisnB1_6A
EDENS ZERO公式HP:https://edens-zero.net/special/

Unreal Engine について
Epic GamesUnreal Engine は、世界で最もオープンで先進的なリアルタイム 3D ツールです。ゲーム、映画、テレビ、建築、自動車、交通、広告、ライブ イベントトレーニングシミュレーションなど、さまざまな分野のクリエイターたちが、最先端のコンテンツ、インタラクティブな体験、没入型仮想世界を提供するために Unreal を選択しています。@UnrealEngineJP をフォローしてunrealengine.com から無料でUnrealダウンロードしましょう。

Epic Games について
Epic Games1991年にCEO Tim Sweeney によって設立されたアメリカの企業です。本社はノースカロライナ州ケーリーにあり、世界各地に40以上のオフィスがあります。現在、Epicは、インタラクティブ エンターテイメントのリーディンカンパニーであり、3Dエンジン技術のプロバイダーです。Epicは、3億5,000万以上のアカウントと25億以上のフレンド接続数を持つ、世界最大級のゲームのひとつである『フォートナイト』を運営しています。また、Epicは、Unreal Engineを開発しています。これは、世界をリードするゲームを支え、映画やTV、建築、自動車、製造、シミュレーションなど業界を横断して採用されています。Epicは、Unreal EngineEpic Games Store、Epic Online Services を通じて、開発者やクリエイターゲームやその他のコンテンツを構築、配信、運用するためのエンドツーエンドデジタル エコシステムを提供しています。

講談社クリエイターズラボ】https://creatorslab.kodansha.co.jp/
2021年6月に講談社第四事業局内に新設された部署。「すべてはクリエイターのために」をスローガンに掲げ、以下を主業としています。
DAYS NEO」などの投稿サイトの運営
インディーゲームクリエイター支援プロジェクト講談社ゲームクリエイターズラボ」の運営
映像クリエイター支援プロジェクト講談社シネマクリエイターズラボ」の運営
講談社作品の「世界観」を拡張するメタバース、XR、NFTコンテンツの開発
「世界観(IP)」を「出版」に限らない様々な形に「コンテンツ」化する研究&開発
講談社ゲームクリエイターズラボの式サイトはこちら講談社ゲームクリエイターズラボ公式Twitterアカウント(@kodanshaGCL)はこちら真島ヒロ氏のYouTubeチャンネルはこちら真島ヒロ氏のTwitterアカウント(@hiro_mashima)はこちら


(出典 news.nicovideo.jp)

【漫画家・真島ヒロ先生、自作ゲームを『Unreal Engine 5』での開発に挑戦!?】の続きを読む


TVアニメ『呪術廻戦』第2期、連続2クールでの放送が決定!


TVアニメ呪術廻戦』第2期が連続2クールで放送されることが決定。「渋谷事変」のティザービジュアルが解禁された。 『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の、芥見下々氏による漫画『呪術廻戦』は2018年3月から連載がスタート。人間の負の感情から生まれる呪いと、それを呪術で祓う呪術師との闘いを描き、既刊20巻にしてシリーズ累計発行部数は7,000万部を突破している。TVアニメ第1期は、2020年10月から2021年3月まで毎日放送TBS系列にて放送。同年12月24日には第1期の前日譚にあたる『劇場版 呪術廻戦 0』が公開された。 2023年に放送が予定されている第2期では、五条と夏油の高専時代のエピソード「懐玉・玉折」に加え、10月31日ハロウィンで賑わう渋谷の街で起こる「渋谷事変」を連続2クールで放送。解禁された「渋谷事変」ティザービジュアルには、電車の中で明るい表情を見せる現在の呪術高専東京校1年ズ・虎杖悠仁伏黒恵釘崎野薔薇と、彼らの教師で最強の呪術師五条悟が登場している。なお、同ビジュアルは、先日解禁された「懐玉・玉折」のビジュアルとあわせて繋がり1枚になる仕掛けがあり、過去と現在が交差する物語を反映している。

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会(C)芥見下々/集英社呪術廻戦製作委員会  


(出典 news.nicovideo.jp)

【TVアニメ『呪術廻戦』第2期、連続2クールでの放送が決定!】の続きを読む


「Steam Deck」デカすぎ? 重さは? ゲーム好きマンガ家がゲームショウで体験 | ニコニコニュース


 9月15日から4日間、3年ぶりに幕張メッセで「東京ゲームショウ2022」が開催されました。久しぶりに新作ゲームを直に触れるチャンスということで、ボクも会場へ行って気になるタイトルを色々試遊してきました。今回は特別編として、いつもの4コマよりコマ数を増やしてその模様をリポートします! 【その他の画像】  まずは注目の携帯ハードSteam Deck」を試遊しました。Steam Deckゲーム配信サービスSteam」を運営する米Valveが開発した7インチ液晶ディスプレイ1280×800ピクセル/60Hz)を搭載するハンドヘルドPC。米AMDのカスタムAPU(Zen2/RDNA2)を搭載し、Steamで配信している数千ものPCゲームプレイできます。  実際に手に持ってみると、横幅が約30cmもありかなり大きいです。一方で重さは見た目より相当軽い印象でした。ボタン配置やUI周りにもストレスはないし、アプリも普通に遊べるしで想像以上に好印象。ただし、携帯するにはその大きさがネックとなりそうです。  その後はコーエーテクモゲームスから発売予定の“三国志死にゲー”といわれている「Wo Long」(PS4PS5Xbox Series X|SXbox OneWindows)をプレイ。覚えることが多いわりにはすぐに慣れることができ、かっこいいアクションを繰り広げることができますが、かなり硬派なゲームバランスは相当人を選ぶかもしれません。  他にも色々なゲームを試遊してきたのですが……次回に続きます! ●著者紹介:サダタロー 1998年テレビ番組「トロイの木馬」出演をきっかけに漫画家デビュー。代表作は「ハダカ侍」(講談社、全6巻)、「ルパンチック」(双葉社、1巻)、「コミックくまモン」(朝日新聞出版、既刊7冊)など。現在、熊本日日新聞他で4コマ漫画くまモン」を連載中。Pixivsadataro、Twitterは@sadafrecce。 ●連載:サダタローのゆるっと4コマ劇場 漫画家のサダタローさんが、世界初の電脳編集者「リモたん」と一緒に話題のアレコレについてゆる~く語る4コマまんが新連載。たぶん週末に掲載します。連載一覧はこちら。過去の連載はこちらからどうぞ。


(出典 news.nicovideo.jp)

【ゲーム好きマンガ家が語る『Steam Deck』の魅力。】の続きを読む


【漫画】『Paradox Live』をご紹介!


【元記事をコミックナタリーで読む】HIP HOPを題材にしたメディアミックスプロジェクトParadox Live」のコミカライズ作品「Paradox Live Stage BattleCOMIC”」1巻が発売された。【大きな画像をもっと見る】Paradox Live」は近未来の日本を舞台に、さまざまなチームが自らの音楽でステージバトルに挑む姿を描くプロジェクト。飽和状態となったHIP HOPカルチャーから新たなムーブメント“幻影ライブ”が誕生し、ラッパーたちは“ファンメタル”と呼ばれる金属を含むアクセサリーと、自身のDNAとを化学反応させることで、感情とリンクした幻影を創り出しステージで若者たちを熱狂させていた。そんな中、突如復活した伝説のクラブCLUB paradoxで開催された「Paradox Live」で、BAE、The Cat’s Whiskers、cozmez、悪漢奴等の4チームが激突する。漫画はnaruが手がけた。同作はゼロサムオンラインで連載中。発売を記念し、一部書店では購入特典を用意。アニメイトでは描き下ろしイラストカードあみあみオンラインショップでは特製ブロマイドセブンネットショッピング・書泉・芳林堂書店ほか応援書店では描き下ろしペーパー、電子書店では描き下ろしイラストが付属する。
「Paradox Live Stage Battle “COMIC”」1巻(帯付き)


(出典 news.nicovideo.jp)

【【漫画】『Paradox Live』をご紹介!】の続きを読む


【独占配信】小説『陰陽師』Netflixでアニメ化決定!

陰陽師』(おんみょうじ)は、夢枕獏による小説。文藝春秋刊。平安時代の陰陽師・安倍晴明の活躍を描いた伝奇小説である。晴明のパートナーとして同時代の貴族で楽人の源博雅が登場する。初出は『オール讀物』1986年9月号に掲載された短編小説「陰陽師」(単行本収録時に「玄象といふ琵琶鬼のために盗らるること」…
21キロバイト (3,549 語) - 2022年8月16日 (火) 13:10



 小説『陰陽師』(作者・夢枕獏)がNetflixシリーズとしてアニメ化されることが決定した。同作初のアニメ化となり、2023年に全世界独占配信される。

【画像】優しい絵のタッチ!アニメ『陰陽師』のビジュアル

 これは、25日に都内で開催さらたNetflixグローバルファンイベント「TUDUM Japan」内で発表されたもの。

 1986年に発表された小説『陰陽師』は、死霊、生霊、鬼などが人々の身近で跋扈した平安時代を舞台に、陰陽師安倍晴明が親友の源博雅と組み、幻術を駆使してこの世ならぬ難事件の数々に挑む大人気シリーズ。これまでテレビドラマ、映画、舞台化がされている。
小説『陰陽師』Netflixで初アニメ化


(出典 news.nicovideo.jp)

【【独占配信】小説『陰陽師』Netflixでアニメ化決定!】の続きを読む

このページのトップヘ