【朗報】名作『ロックマンエグゼ』シリーズ10タイトルを収録した『アドバンズコレクション』が2023年に登場!

ロックマンエグゼは、カプコンが製作したコンピューターゲーム、及びそれを原作とするアニメ、漫画作品。 GBAソフト『バトルネットワーク ロックマンエグゼ』を第1作とする一連のゲーム作品。ロックマンエグゼシリーズを参照。 テレビ東京系列で2002年~2006年に放映されたテレビアニメシリーズ。ロックマンエグゼ
979バイト (169 語) - 2020年4月18日 (土) 17:52


このシリーズは1000時間以上はプレイしたなwまじ最高っすわ!😆

 ゲームボーイアドバンスの名作「ロックマンエグゼシリーズが、シリーズ10タイトルを収録した「ロックマンエグゼ アドバンスコレクション」として復活。Nintendo Switch/PS4/Steam向けに2023年に発売されます。 【動画】ゲーム画面  初代からシリーズ完結作ロックマンエグゼ6」までのバージョン違いを含む10タイトルを収録。1000点以上のイラストギャラリーに加え、150曲以上のゲームBGMが自由に聴けるモードや、ジャギーが目立たなくなる「高画質フィルター」(任意でON/OFF切替可能)も収録します。ダウンロード版のみ「Vol.1&2」に分割配信予定です。  「ロックマンエグゼ」の第1作はゲームボーイアドバンスローンタイトルとして、2001年3月に発売。従来の「ロックマンシリーズからシステムや世界観をがらりと変え、チップの収集要素や通信対戦、魅力的なキャラクターが織りなすストーリーなどが小中学生を中心に大きな人気を集めました。  なお、公式サイトの情報によると「アドバンスコレクション」のプレイ人数は1人。通信対戦モードなど一部含まれない要素もあるようです。
画像は公式PVより


(出典 news.nicovideo.jp)

【【朗報】名作『ロックマンエグゼ』シリーズ10タイトルを収録した『アドバンズコレクション』が2023年に登場!】の続きを読む


【漫画】『異世界帰りのアラフォーリーマン、17歳の頃に戻って無双する』をご紹介!


【元記事をコミックナタリーで読む】本日6月28日発売のどこでもヤングチャンピオン7月号では、犀夏原作による有栖サリ「煌宮」、遊野優矢原作によるミミダ「異世界帰りのアラフォーリーマン17歳の頃に戻って無双する」の2本の新連載がスタートした。【大きな画像をもっと見る】「煌宮」は銀と呼ばれる義賊に憧れ、大切な人を守るために武術を学んでいる少女・彗蓮が主人公。ある日姉のもとに宮女として王に仕えるよう記された赤紙が届けられるが、彗蓮は婚約者のいる姉に代わり、後宮に入ることを自ら決意する。一方の「異世界帰りのアラフォーリーマン17歳の頃に戻って無双する」は、アラフォーサラリーマンが剣と魔法の世界に転生してから17年、2回目の命を投げ捨てて世界を救い終わったところから始まる。元の世界に戻ることを希望した主人公は、目を覚ますと異世界で手に入れた能力を残したままの、17歳の自分の姿になっていて……。原作小説はKADOKAWAファミ通文庫から刊行され、キャラクター原案はへいろーが担当。マンガ版ではネーム構成として藍葉悠気がクレジットされている。
「煌宮」扉ページ


(出典 news.nicovideo.jp)

【【漫画】『異世界帰りのアラフォーリーマン、17歳の頃に戻って無双する』をご紹介!】の続きを読む


【悲報】『ディアブロ イモータル』、キャラの最大強化に〇〇円かかるらしいぞwwwww


今年6月から基本プレイ無料で配信が始まった『ディアブロモータル』は、キャラクターを強化するには非常にお金が掛かる「課金ゲー」として有名となっています。サービス開始から数日後に、あるYouTuberは11万ドル(約1500万円)かかると見積もっていました。
Diablo Immortal
  しかし、その後さらに調べが進み、なんと最大54万ドル(約7300万円)かかる可能性があると伝えられています。   なぜ、それほどお金がかかるのか。最初の試算で理由とされたのは、装備品に着けることでキャラステータスを向上させる「宝石」のうち、最強化に必要な「レジェンダリー宝石」がとても極めて手に入れにくいことです。   レジェンダリー宝石を入手する方法の1つは、エンドコンテンツクリア後に無限にプレイできるステージなど)「エルダーリフト」を周回すること。ここで1個あたり約1万6000ドルかかり、6個そろえるにはおよそ11万ドルかかるという計算でした。実際、お目当ての宝石をゲットするのに約200万円かかったとの報告もあります。

が、しばらく後に、さらに「その上」があることが判明しました。最大まで強化したレジェンダリー宝石を一定以上のレジェンダリー装備にセットすると「覚醒」が起こり、1個につき宝石スロットが5つ追加されるというシステムです。   つまり、キャラを最大強化するのに必要なレジェンダリー宝石は6個ではなく、36個ということです。その結果として30万ドル~最大54万ドルものお金がかかる可能性があると指摘されています。   『ディアブロモータル』は課金が厳しすぎると批判を集めていますが、シリーズ最大のローンチとなり、わずか1週間で1000ダウンロードを達成していました 。今後のアップデートも約束されています が、課金要素を和らげるかどうか見守りたいところです。   Source:Reddit via:Gamesradar

『ディアブロ イモータル』、キャラ最大強化に約7300万円かかる可能性! 課金が厳しすぎるとの批判も


(出典 news.nicovideo.jp)

【【悲報】『ディアブロ イモータル』、キャラの最大強化に〇〇円かかるらしいぞwwwww】の続きを読む


【漫画】『ごきげんよう、一局いかが?』をご紹介!

一度でいいから国士無双上がってみたい😄

【元記事をコミックナタリーで読む】卯花つかさの新連載「ごきげんよう、一局いかが?」が、本日6月28日発売のまんがタイムきららキャラット8月号(芳文社)で開始した。【大きな画像をもっと見る】「ごきげんよう、一局いかが?」は、名門お嬢様学校を舞台にした麻雀コメディ。入学してすぐにインフルエンザにかかり、ようやく登校できたころにはクラスで孤立していた少女・冴は、携帯アプリで麻雀を打つことにハマっていた。同級生たちにはとても見せられない趣味だと自覚し、隠れて麻雀で遊んでいる姿をみんなの憧れの生徒である千星に見られてしまったことから物語は始まる。
「ごきげんよう、一局いかが?」カット


(出典 news.nicovideo.jp)

【【漫画】『ごきげんよう、一局いかが?』をご紹介!】の続きを読む




(出典 matome-server.com)



1 Anonymous ★ :2022/06/27(月) 10:52:41.88
『となりのヤングジャンプ』で連載中の村田雄介版『ワンパンマン』。6月23日に更新された第211話では、謎に包まれた最強ヒーロー・ブラストの戦いが描かれた。しかし、その内容があまりに解釈違いだったとして、ファンから大不評を買ってしまったようだ。

※『ワンパンマン』最新話の内容に触れています

ブラストといえば、S級1位に位置する作中最強クラスのヒーロー。しかし実力は謎に包まれており、戦闘シーンが描かれたことすらほとんどなかった。

今回のエピソードでは、そんなブラストが“神”の力でパワーアップを遂げたガロウと正面から激突。ブラストには「宇宙の真理」を操る力があるらしく、「次元砲(ディメンションキャノン)」「重力拳(グラビティナックル)」といった技を放つ。

そしてワープホールのようなもので、ガロウを強制転送しようとするのだが、強大なエネルギーによって失敗。逆に「核分裂重力拳」という技で、激しい反撃を食らうのだった…。

ついにその実力を発揮したブラストだったが、ガロウと同レベルどころか、わずかに押されている印象。ガロウが覚醒し、災害レベル“神”と自称するほどの力を手に入れているとはいえ、ブラストの活躍が見られなかったことに失望する人は多い。

「最強」のはずがサイタマの引き立て役に

戦闘力だけの話ではなく、キャラクターとしての描き方も賛否を呼んでいる模様。ブラストは技を打ち破られた際、「何」と驚愕しており、終始冷や汗をかきながらガロウの相手をしていた。

さらにサイタマが駆け付け、ガロウと「マジ殴り」の応酬を繰り広げた際には、膨大なエネルギー量に驚きつつ、地球が砕けるかもしれないと警鐘を鳴らす。いわばバトル漫画でありがちな、“解説役”のポジションに収まっているのだ。

ブラストの格がガタ落ちしたことで、原作ファンからは《なにこの展開…ブラストが一気にモブ化したぞ》《村田版ワンパンマン、一線超えちゃった》《原作でまだ出てきてさえないのにブラストの底が見えちゃったじゃん》《ブラスト登場何年も引っ張ったのにドラゴンボールの界王神みたいな小物臭してて悲しい》《サイタマより弱いのが確定してしまったのが惜しい》といった不満の声が噴出している。

とはいえ、周囲のキャラクターまで死に瀕しており、このままでは地球自体が破壊されかねない状況。ブラストは今後、その能力によって時を戻す役割を担うのかもしれない。そう考えれば多少救いはあるが、戦力としてはサイタマやブラストに及ばない描写となっていることは否めないだろう。

今後、ブラストの威厳をとり戻す展開にもっていくことはできるのだろうか…。

https://myjitsu.jp/enta/archives/105621
https://tonarinoyj.jp/episode/3270296674428450886

【【悲報】村田雄介版『ワンパンマン』の211話が大不評.....】の続きを読む


MinecraftをAIがプレイ、10分で「ダイヤモンドのツルハシ」を高速作成 米OpenAIが技術開発 | ニコニコニュース


 米OpenAIの研究チームが開発した「Video PreTraining (VPT): Learning to Act by Watching Unlabeled Online Videos」は、人間がプレイするMinecraftマインクラフト)の映像から複雑な動作を学習するモデルだ。学習したモデルは、熟練した人でも20分以上かかるダイヤモンドツールの作成を10分程度で成し遂げ、その有効性を示した。 【その他の画像】  人がプレイしたマインクラフトプレイ動画Web上に多く存在する。今回のモデルはこの膨大な動画データで学習するわけだが、これら動画からは何が起きたかが分かるだけで、マウスの動きやキーの押し順を正確に知ることはできない。つまり、ラベルが付いていない。  そこで研究チームは半教師あり模倣学習「Video PreTraining 」(VPT)を開発し、この課題に挑戦する。  VPTではエージェントがラベルなし動画データを直接学習するのではなく、まず少量のラベル付き動画データ100時間程度)を使用し、動画の各ステップで実行されるマウスの動きとキーの押し順を予測するモデル「Inverse Dynamics Model」(IDM)を学習する。次に、学習したIDMで膨大なラベルなし動画データサバイバルモードのみ約7万時間)を学習して複雑な行動を習得する。  学習したVPTは映像の各ステップで取られた行動とマウスの動き、キーの押し順を予測する。ここでいう行動とは、「豚を狩って食べる」「ジャンプを繰り返して自分の下にブロックを置き自分を高くする」「原木を集めて作業台を作る」など複雑な動作を指す。  研究チームモデルの有効性を評価するため、強化学習で微調整を行いサバイバルモードダイヤモンドツルハシを作成するという実験を行った。ダイヤモンドツルハシを作るには、長くて複雑な一連のサブタスクが必要である。原木集めから始まり、作業台、木のツルハシ、石、石のツルハシ、かまど、鉄鉱石、鉄、鉄のツルハシダイヤモンドと段階を踏んでダイヤモンドツルハシが作れるようになる。  その結果、10分でダイヤモンドツルハシの作成に成功した。通常このタスクを人間が行うと、平均20分以上(2万4000アクション)かかるそうで、2倍以上の速度で達成したことになる。  この結果から、Web上にある膨大な量のラベルなし動画データを効率よく学習できることが分かった。またマウスの動きとキーの押し順は一般的な人のインタフェースであり、他への応用も良好な結果を生み出す可能性が示された。  Source and Image Credits: Bowen Baker, Ilge Akkaya, Peter Zhokhov, Joost Huizinga, Jie Tang, Adrien Ecoffet, Brandon Houghton, and Raul Sampedro.“Video PreTraining (VPT): Learning to Act by Watching Unlabeled Online Videos”  ※テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディアSeamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。
ダイヤモンドのツルハシを作成する場面


(出典 news.nicovideo.jp)

【AIがマイクラをプレした結果wwwww】の続きを読む

このページのトップヘ